投資信託はじめての方へ伝授!押さえておくべき基礎知識

いまさらだけど投資信託っていったい何?

87-A.jpg

出典:一般社団法人 投資信託協会

「投資信託」。資産運用のひとつとして名前は聞いたことあるけれど、その意味がなんだかぼんやりというはじめての方へ簡単にご説明してみたいと思います。
「投資信託」とは、その文字が表すように”投資”を”信じて託す”という意味です。たくさんの投資家から資金を集めて、その資金を投資の運用会社=投資信託会社が運用する商品それが「投資信託」なのです。運用会社が得た運用益は投資家に還元されて利益として還元されることになります。

投資信託には3つの会社が関わっています

87-B.jpg

出典:一般社団法人 投資信託協会

投資信託(ファンド)には、「投資信託委託会社」「受託会社」「販売会社」の3つの会社が関わってきます。それぞれの役割はというと、「投資信託委託会社」はファンドの設計・企画を行います。そして、そのファンドの管理と投資信託の売買を行うのが「受託会社」、そして投資信託の販売・投資家の口座管理を「販売会社」が行うのです。投資家になるみなさんがチェックしておきたいのは「受託会社」となる信託銀行の部類、そして一番身近な存在となる「販売会社」つまり、銀行や証券会社になります。身近なところから覚えていくのが投資信託を理解する近道ですよね。
「販売会社」とは資家と投資信託をつなぐ”窓口”の役割をになっています。投資信託の販売や換金、分配金の支払などは、この販売会社=銀行、郵便局、証券会社を通して行われることになります。一番身近な存在なので、この会社をどこにするのかは慎重に選びたいですよね。質問や相談などの対応がイイと評判の会社を選ぶのもポイントのひとつです。
「投資信託運用会社」は、投資信託作りをし、投資家から集めた資金を運用します。その名前のとおりですよね。経済・金融に関するさまざまなデータを収集、専門家による分析で、信託銀行に対して運用の指図をします。投資信託においてもっとも重要な役割をになっている場所になります。
そして「受託会社」。信託銀行がこれにあたります。投資家から集めた資産を管理・保管、いわゆる投資信託の金庫番的役割を果たしているのです。

投資信託ってどうやって生まれたの?

87-C.jpg

出典:一般社団法人 投資信託協会

投資信託、そもそもどうやって誕生したのか。投資信託始めてみる前に、ちょっと知っておきたいですよね。その始まりは産業革命後のイギリスです。産業革命による経済成長を遂げたイギリスでは、蓄積された過剰な富によって、資金が有り余っているというなんとも羨ましい状態でした。国内市場は低金利、そうなれば投資家が目を向けるのは海外ですよね。ヨーロッパでは各地で戦後の復興のための資金繰りが苦しい状態に陥っていました。そこで、投資家たちはヨーロッパに投資しようとするのですが、イギリスとヨーロッパ、今のようにインターネットもない時代ですから、情報を簡単には入手できません。そこで、そんな投資家に代わって、情報を入手し投資を行うシステムが始まったことが投資信託の原型であると言われています。
さて、これから投資信託をやってみよう!という方、仕組みや成り立ち、少し身近に感じられるようになったでしょうか?注意しなければいけないのは、投資信託は元本が保証されている金融商品ではないということです。利益を得ることもあれば、損をすることもあるのです。また利益として支払われる分配金の支払い方法も様々です。預金などと違った金融商品であるということをきちんと踏まえたうえで、自分に合った商品を見つけることをオススメします。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ