貯蓄はじめての方へ伝授!押さえておくべき基礎知識

貯蓄をするためのコツとは

91-A.jpg

出典:ゆうちょ銀行

貯蓄がはじめての方へ。貯蓄をはじめるのってとても簡単なのですが、なかなか続かない、思ったように貯まらない、そう思ってなんとなく始めていないという方多いのではないでしょうか?貯蓄のポイントはなんといっても具体的な目標の設定です。いつまでに、いくら、どんな目的のためにということをしっかりと考えて目標を立てることでが貯蓄成功への秘訣、というより基本となっています。ここでポイントは、貯蓄では利息はほぼなし、あってもほんとにおまけ程度という考えを持っておかなければなりません。目標を立てると毎月どれだけどんな形で貯蓄をしていけばいいのかがはっきりします。例えば・・・5年で500万円貯蓄したいとう目標を立てたとします。ここでは使い道はおいておきますね。そうすると単純計算で1年で100万円、これを12等分して、1ヶ月どれだけ貯蓄すべきかはわかりやすいと思います。ただし、今まで貯蓄をしていなかった人がいきなり毎月定額をというのはなかなか難しいものですよね、そんな方には財形貯蓄という手があります。

財形貯蓄を有効に利用してみる

91-B.jpg

出典:SUUMO

財形貯蓄。その名前からも、なんか自分は貯蓄して自分のお財布の中身を増やしていっているぞと感じられませんか?今までやっていなかった貯金などをするということはもうイメージトレーニングなども大切だと思うわけです。自分はしっかり貯蓄しているんだという感覚を味わうためにも、財形貯蓄という方法をオススメしたいなと思います。
毎月の給与、ボーナスから天引きして積み立てることができます。財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄、一般財形貯蓄の3種類があり、貯蓄型と保険型があるので、自分にあった金融商品を見つけることが大切です。貯蓄の目的がはっきりしていると金融商品も見つけやすいですよ。

強制的に貯蓄するシステムにはめ込む!

91-C.jpg

出典:Naverまとめ

ちょっとした無駄遣いをやめることで、貯蓄に回せるのであれば、と気楽に貯蓄を初めてみたいところですが、浪費癖というのはなかなか変えられないという現実もあります。なんとなく使ってしまっている、その分を貯蓄に回せばいいといっても、急に今まで使っていた金額をそのまま預金へというのは難しいものですよね。そんな方には、もう強制的に貯金をする仕組みを作ってしまうこと、そんなシステムに自分をはめ込んでしまうことをオススメします。
積立保険です。毎月自動的に銀行口座から引き落とされるようにしておけば、引き出して使ってしまう前にスパッと貯蓄へ回るわけです。個人年金保険、学資保険、終身保険など種類は様々です。解約の際には元本割れする可能性もあります。そういった心配がある方は、自動積立定期預金などもいいかもしれません。とにかく自動で強制的、これが貯蓄を始められない人に貯蓄するクセを刷り込ませる一番いい方法だと思っています。どうしょうか?気楽に貯蓄生活、始められる気になりましたか?

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ