不動産投資における仮申し込みは慎重に

不動産投資って何?

92-A.jpg

出典:Uターンフリーランサーは実家を大いに活用してサバイブしよう

不動産投資ってよく聞くけど、結局のところどんなメリットがあって、どう始めればいいの?という方のために、不動産投資とその仮申込みの流れの概要を説明したいと思います。メリットとしては、少ない労力で毎月自動で賃貸収入を得ることができるということです。マーケットや運営システムがしっかり確立しているので、安心して投資できます。資金があって、働かないで収入を得たいという人にはもっとも向いていると言ってもいいでしょう。ただし、潤沢な資産がなくてもコツさえつかめれば、少額から始められる不動産投資もあるので、安心してくださいね。
不動産投資で稼ぐコツとは、いったいどんなものなのでしょうか。物件を購入するときには賃料で収入を得るということに加えて、売却したときに利益が出る物件を選ぶことができれば、完璧です。いい物件をゲットするためには労力は惜しまないようにしましょう。できるだけたくさんの物件情報に目を通し、その中から10件程度をピックアップして見学をし、自分に合う1件を選びましょう。いい物件1件に出会うためには、1000件の情報収集とチェック、10件の見学、が目安なんて言われてます。

不動産投資に必要なのはいい管理会社選び

92-B.jpg

出典:0からはじめる不動産投資

どんな投資でも間に入ってくれる管理会社などは正しく選びたいですよね。良い管理会社を見分けるコツとはなんでしょうか?当たり前のことですが、実際選ぶときに見落としがちになってしまうので、改めてポイントをおさらいしたいと思います。
・レスポンスが早く、正確である
・その物件がある地元の情報に詳しい
・マイナス情報もきちんと提供してくれる
・空き室管理がしっかりしている
・管理している戸数が多い
こんなところがいい管理会社を見極めるポイントになります。見落とさないようにチェックしてください。

仮申し込みや仮契約でのトラブルは回避しよう

92-C.jpg

出典:All About

自分からいろいろ情報を探し求めていなくても電話セールスや訪問などで、マンション、アパート経営の不動産投資の勧誘が多いことはみなさんご存知ですよね。実際にしつこい勧誘などを受けて迷惑している方も多いと思います。最初は興味のない投資話なんて思っていても、気づけば断れない状況になっていたなんてこともよくあるケースとして報告があるとされています。いろいろな情報を収集して土地活用会社などと契約を取り交わしていて、自ら慎重にその契約までを進めている場合にはトラブルはそれほど多くありません。しかし、こういった勧誘セールスなどがきっかけで契約のトラブルが発生することが多いという事実を踏まえて、巻き込まれなくていいトラブルを避けるための知識として頭に入れて置いてください。
そこでよく出てくる単語がローンなどのための仮審査用、仮契約、仮申込み書などの、”仮”という言葉です。この”仮”という言葉に安心してしまう購入者側って結構多いのです。すべてというわけではないですが、いつでもキャンセルできますからなどと言う口実で、この仮契約という口実で本契約書に記入をさせるといった詐欺的な手口があるということも事実です。
”仮契約””仮申し込み”であるということで、実際に契約したという認識をもたないまま時間だけが経ってしまって、クーリングオフの対処もなく契約がキャンセルできずにトラブル発生というケースが多いようです。このようなトラブルの回避方法、それは軽い気持ちで書類に記入しないことです。仮といっても契約書とつくもの、審査用の書類などには必要以上の警戒が必要です。大きなお金が動く買い物なので、慎重に検討するようにしましょう。おいしい話が何もせずに転がり込んでくるほど、投資は楽なものではありません。自分で動き、確かな情報を元に、間違いのない商品を選んで、セールストークなどに惑わされないしっかりした気持ちで真剣に慎重に契約を進めていきましょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ