その考えで大丈夫?利回りが高い物件は美味しい物件!?

利回りだけで決めてはいけません

93-A.jpg

出典:不動産投資家コミュニティ&スクール「これから大家の会」

投資をする以上は、何も不動産に限らず、やはり儲けを出したいものですよね。例えば同じ3千万円という価格のAという物件とBという物件があったとして、Aが利回り5%、一方Bは利回り10%とした場合、利回りを単純に比較すればBの方が良いように思えます。
しかし、不動産投資をする場合、利回りで単純比較できるかというと、実はそうではないのです。
では、なぜそうした単純な比較で考えてはならないかということを含め、不動産投資の利回りに対する考え方やポイントなどについてご紹介することにしましょう。

利回りだけで決めてはならない理由を事例で解説

93-B.jpg

出典:ビル 建設現場 クレーンのフリー写真素材 無料画像素材のプロ・フォト

利回りだけで単純比較してはならないのは何故か。大変わかりやすい例でご紹介しましょう。
Aというマンションが1億円で利回り5%で、Bというマンションが同じ1億円で利回り15%で売られていたとしましょう。ここでAとBのビルの立地を確認したところ、Aは大都市でしかも最寄り駅周辺が再開発ラッシュで人口も急増している地域に立地していたとします。
一方Bは急激に高齢化と人口減が急速に進行している地方の小さな都市に立地しており、周辺のマンションやアパートも空きばかりの状況になっていたとします。果たして、このような立地条件でもあなたは15%という高利回りのB物件を選ぶでしょうか。
これでおわかり頂けたと思いますが、Aは利回りが悪くてもテナントに入居してくる顧客を探すのに苦労が少なそうですし、売却することも考えても余程無茶な価格を設定しない限り、買い手は付きそうですよね。ところがBは周辺状況や人口推移を見る限り、テナントの確保が年々難しくなってゆくばかりと考えられますし、また、そうしたテナント確保に大変苦労するビルは売却することも容易ではなくなります。
このAとBの2つの物件比較からおわかり頂けたとおり、不動産投資で大切なことは利回りより先に、将来的にもちゃんと収益を見込める物件なのかどうかと言うことなのです。
これが見込めなければ、利回りが何%と言うのはあまり意味がない数値だと言うことがおわかり頂けたのではないでしょうか。

くれぐれも利回りだけに振り回されないように

93-C.jpg

出典:不動産投資家コミュニティ&スクール「これから大家の会」

以上のような説明から、不動産投資において利回りは最優先で考えるべき基準ではなく、まず物件が長期的に見てちゃんと収益をあげてくれるものかどうかを見極めることが先決だと言えます。


15%や20%といった高利回りは確かに魅力的ですが、やはり高い利回りにはそれなりの理由があるということです。


どうか利回りだけに目がくらんで、早まった不動産投資だけはしないよう十分ご注意下さいね。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ