不動産投資の対象不動産ってどんなものがあるの?

対象不動産を買って狙うのは「インカムゲイン」

95-A.jpg

出典:【アットホーム】不動産売却時に必要なお金|不動産・物件の売却を一括無料査定

不動産投資とは、一言で言うと、対象不動産の大家さんになって賃料を得るということなのです。投資で得られる利益には「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」というものがあります。投資したものが買ったときより高く売れれば、「キャピタルゲイン」という利益を得ることができます。投資によって取得したものが定期的に利益を生み出せばそれは「インカムゲイン」という利益になります。株式に例えると、売買した時に得られる利益が「キャピタルゲイン」、配当として得られる利益が「インカムゲイン」になるわけです。
では、不動産投資の場合はどうなのか?バブル期までは土地の値段は必ず上がり続けるという絶対的な”土地神話”なるものがあり、キャピタルゲイン、売買時に発生する利益狙いの取引でした。しかし、バブル崩壊後その神話も崩れ去り、不動産投資の目的は「インカムゲイン」とシフトしています。簡単に言えば、不動産の値上がりに目を付けるのではなく、毎月取得できる賃料収入を狙うというわけなんです。

投資対象となる不動産の種類はさまざま

95-B.jpg

出典:COCOASSET

では実際に不動産投資の対象となる不動産の種類ってどんなものがあるのか、気になりますよね。居住用かオフィス用か、ワンルームか一棟か、新築か中古かなど問言うように分類されます。賃貸用建物は、その用途で分けるとアパートやマンションなどの居住用、事務所や店舗などのテナントが入るオフィス用に分類されます。居住用は、オフィス用に比べて家賃収入は低くなるというのはわかりますよね?その分、内装や設備などにかかるコストも低くなるため、購入価格はオフィス用に比べて安くなるというのが一般的です。メリットとしては、土地に係る固定資産税などで特例を受けられるという点があります。
ではオフィス用のメリットはどんな点なのか。それはもちろん高い家賃収入が挙げられます。その分設備等のコストも高いうえに、居住用であったような固定資産税の特例も受けられません。入っているテナントの売上によってはすぐに撤退されてしまうリスクがあることも確かです。高い家賃収入を得られる反面、リスクは高くなるわけです。ハイリスク・ハイリターンとなります。

自分の取れるリスクに合わせて投資対象を決めよう

95-C.jpg

出典:10 Questions You Should Ask About Risk Management

どんな投資にでも言えることですが、自分にあったものを探すことがとても大切です。不動産投資にも同じことが言えるでしょう。それぞれにメリットがあり、リスクもあるのです。新築物件と中古物件では、新築は人気が集まりやすいですが、購入金額が高くなるために、借入も多くなる、たくさんの資金が必要になるということになります。反対に中古物件は、購入金額は少なくすみます。
自分の負えるリスクがどこまでなのか、そこをしっかりと見極めてそれにプラスして、その物件そのものの特性を加味して、対象物件を選択する、これが不動産投資における投資対象を決める最大のポイントとなるのです。無理をせず、きちんとした状況を見極めるそんな目を持って投資対象を決めてみましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ