必読!「投資信託」を始めるなら読んでおくべき本はコレだ!

はじめては初心者向けの書籍から

98-A.jpg

出典:三井住友アセットマネジメント

投資信託、何からはじめよう、実際にどんな投資信託を購入しようと参考になる情報をいろいろな場所から収集しますよね。HPなどで簡単にさまざまな情報をゲットできますが、初心者にもわかりやすい本もたくさん発売されています。その数はびっくりするほど多いので、まちがって最初に中級者、上級者向けの本を手にしてしまい、難しすぎて少し後ずさり、なんてことにならないように、初心者向けのおすすめ書籍を紹介したいと思います。

初心者向けのおすすめ本はコレだ!

98-B.jpg

出典:amazon.co.jp

「投資信託は、この8本から選びなさい。」
著者:中野晴啓
出版社:ダイヤモンド社
金額:1620円
窓口ですすめられた投資信託は絶対に買ってはいけないなど、長期投資のプロが明かす後悔しない正しい投信の選び方を紹介しています。こちらの書籍、最新版で、投資信託はこの9本から選びなさいというのも出ていますので、選択肢の1つ増えた9本ver.を選ぶか、いまや投資信託を始める人の定番のバイブルとなっている8本ver.を選ぶか、まずはそこからみなさんの選択が始まるわけですね。とても読みやすいですよ。語り口が入り込みやすいので、初心者でも全く構えずに読むことができます。


「一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門」
著者:竹川美奈子
出版社:ダイヤモンド社
金額:1620円
正しい商品を選ぶためには、きちんと基礎知識を知った上で投資信託の活用方法を知りたいですよね。この本では、そんな基礎知識から活用法までをわかりやすく解説しています。お金を守って増やすために、30代でも定年後でも知っておきたい投資信託のすべてを、用語解説、しくみ、投信の選び方など詳しく解説。なによりイラスト図解がわかりやすいので、楽しく読めます。オススメです。

「投資信託」手始めは本からの情報収集

98-C.jpg

出典:無料写真素材 | 札束

投資信託って結局何から初めていいのかよくわからなかったけど、本を読んだらイメージが沸いてきた!となってもっともっと情報収集して、早速はじめてみようと一歩前進となったでしょうか?なんとなくでも投資信託ってわかっているよという人でも、初心者向けの書籍で改めてしっかりと基礎をおさらいしてみることをオススメします。
大切な自分のお金です。将来のためにしっかりとした資産運用をする上でも、その基礎知識はバッチリ入れておきたいですよね。早めにその概要を知っておくだけでも、将来への準備につながると思いますよ。じっくり研究して、ゆっくり始めてみるのもいいかもしれません。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ