貯金と合わせて都市綜研インベストファンドの投資を始めよう!

不動産ファンドを積極的に選ぶ理由

104-A.jpg

出典:Sustainable Japan 

給料が上がらないどころか、下がる時代に大切な貯金をどう運用するかは将来への不安に直結する重要なテーマです。
個人レベルでもただ貯金するだけでは余裕を持った将来への備えをすることが難しくなってきました。
そこでリスクに比べてリターンがそれなりに見込める投資をしようとする人が増えています。
なかでも不動産ファンド関連の商品には実際に取り組む人もあってネットでも話題です。
不動産というと人々の生活に直結する資産に投資をするこのジャンルは近年著しく成長しています。
とくに、多大な費用が掛かり、維持管理も大変な不動産経営とはちがって、たくさんの出資者から集まったお金を不動産の資産価値に着目しつつ都市綜研インベストファンドが投資していくファンド商品は年ごとに資産規模も拡大しています。

貯金に近い安全性とファンドならではの利回り

104-B.jpg

出典:マイナビウーマン

都市綜研インベストファンドでは、貯金と同じようなイメージで大切な資産を大きく殖やしていけるように、なによりも元本の安全性を重視しています。
証券市場に上場する不動産投資商品と違って価格変動がなく預貯金や国債のような安定をベースにしながら高い収益が見込める点が魅力です。
なんといっても注目は想定される年利回りが6%から7%前後を誇るということでしょう。
J-REITでも平均の予想利回りは3%台、預貯金や国債に至ってはご存じのように1%以下であることからしても、この時代に高収益性のあふれた投資商品であることは言うまでもありません。
不動産投資のベースとして都市綜研インベストファンドは不動産特定共同事業法から綿密なシステムを構築しているので、さまざまな情勢変化にも強い設計となっています。

都市綜研インベストファンドならではの利益分配システム

104-C.jpg

出典:medakaのつぶやき

商品である「みんなで大家さんシリーズ」なら少額から都市綜研インベストファンドに申し込めるうえ、面倒な不動産管理はすべて営業者が担当するため、ただ参加するだけでいい手軽さがメリットです。
出資は1口100万円から、申込手数料は無料で、初期コストを考えることもなく不動産投資にチャレンジできます。
さらに、利益分配は年に6回もあり、優先分配によって出資者への利益から確保されていくというのも出資の不安を一気に軽減できます。
このように、少ない額から不動産投資に参加したいのなら、都市綜研インベストファンドの投資商品を通して安全でリターンの高いアプローチが貯金だけでは補えない将来の備えにつながります。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ