不動産投資、物件と利率はきちんとチェックしよう!

借入の利率と賃貸の利回りの関係性

114-A.jpg

出典:早期リタイアと農業と投資生活

アパート経営などの不動産投資を始める際、ローンを組んで資金を確保することも多いですよね。ローンを賃貸収入などで賄い、ローンの返済が完了すれば、物件は自分のものになり、以降の家賃収入はすべて「利益」となるわけです。しかし、ローンを組むことで発生するメリットやデメリットはきちんと把握しておかなくてはなりません。物件選び同様、利率などをチェックすることは不動産投資を始める上で、しっかり抑えておかなければいけないポイントなのです。
少ない資金で大きな投資ができるということがローンを利用する最大のメリットと言えます。
最近では自己資金は0円でも可能というフルローンを用意している金融機関も多いようですが、一般的には購入物件価格の1~3割程度を用意される方が多いらしいです。少ない資金で大きな投資が可能になることを「レバレッジ効果」と言います。借入の利率よりも賃貸の利回りの方が高くなるので、その差額分が投資効果となるという考え方なわけです。

物件購入時にチェックしたいローンの変動金利

114-B.jpg

出典:不動産ONLINE

みなさんも実感していると思いますが、今は、超低金利時代です。銀行のローン金利よりも、マンション経営の利回りが大きいという場合が多いので、その差が利益となる不動産投資などが注目されているのもこの点に理由があるわけです。
しかしこの、ローン金利この先、借入金額が上昇するかもしれないリスクを伴っているのも忘れては行けません。ローンを組む際に変動金利を選択した場合、固定金利期間終了後に急激に金利が上昇してしまうのでここは十分に注意が必要です。
加えて、返済期間についても十分検討することが大切ですよね。返済期間が長ければ月々の返済額は抑えられますが、トータルでの支払額には大きな差が生まれます。実際の借り入れの際に、しっかりとしたシミュレーションで計画を立てることがポイントです。

物件選びと利率のチェックは抜かりなく!

114-C.jpg

出典:不動産ONLINE

ローンは少しでも早く返すことが節約にはなりますが、返済額が大きくなってしまいそれが負担になってしまっては元も子もありません。ローンの返済は家賃収入の範囲内で抑えるのが一般的ですよね。
月々に見込める家賃収入をしっかりと見極めて、ローンの返済期間を決めることが大切です。 またローンを組んでしまうと、もし自分に万一のことがあった際に心配という方も出てくるかもしれませんが、ローンを組む際には団体信用生命保険に加入するので、家族に負債を残す心配もないわけです。
物件選びも重要ですが、ローンについてしっかりとした知識を持っていれば、負債を残さず、家賃という収益を生む財産や土地という資産を残すことができるというわけです。ローンを組んで行うマンション経営のメリット、魅力的ですよね。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ