リート投資のリスクは金利変動にアリ!

「リート」とは?

135-A.jpg

出典:不動産ONLINE

REITとは「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとったものです。「投資信託」の一種で投資家から集めた資金をオフィスビルといった不動産などで運用して、賃料収入などを投資家に分配するといったシステムになっています。
アメリカでは1960年に誕生していてその歴史は長いものなのですが、日本ではわりと最近、そう2001年にスタートしたんです。アメリカ生まれのリートと分けて、日本版REITといったりJ-REIT(ジェイリート)と呼ばれたりもしますが、わかりにくくなってしまうので、ここではリートとして括ってみたいと思います。
リートには大きく分けて2種類に分類されますが、こういった分類があるんだという程度の感覚で覚えておけばOKです。投資信託(契約型投資信託法人(会社型)と呼ばれる2種類です。
投資家はリートに対して「1口」単位で投資をします。投資の方法としてはリートが新しく投資家を募集する=新投資口発行に応募するという方法と、すでに上場しているREITの場合には証券取引所ですでに発行されている投資口を購入するという方法があります。

リートの価格変動には金利の変動が影響する

135-B.jpg

出典:CREA WEB

リートは投資家から集めた資金だけでなく、銀行等からの借り入れによっても資金を調達しているのが特徴です。なので、金利が上昇すると、銀行から借りている借入金に対する金利が増加して費用が増加、結果的に収益性が低下するリスクが出てくるのです。他の投資商品と比較して収益性の相対的な差が生じて価格変動するリスクもあります。
リートの価格=投資口価格は毎日変動するわけです。これは投資商品なので当たり前のことですよね?式や投資信託などと一緒です。投資と価格変動はセットなんです。もちろん不動産投資にも同じことが言えます。地価の変動や建物価格の減価などによっての価格変動です。どういった要因が、価格変動を起こす原因になるのか、きちんとチェクしておくことが大切です。

リートにおける不動産特有のリスクとは

135-C.jpg

出典:CREA WEB

リートの収入はオフィスや店舗、住宅などからの「賃料収入」がベースとなっています。例を挙げてみると、住宅などは景気の変動による影響を受けにくいですが、オフィスなどの物件はその影響を受けやすいといった特徴があるんです。
不動産という実物資産に対する特有のリスクがあります。わかりやすく説明すると、地震や火災、洪水などの自然災害によるリスクです。これは避けることができませんよね。また、入居者がいなくなってしまったり、賃料が支払われなかったりするリスクもあるということは頭に入れておかなければいけないですね。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ