定期預金は利率は低くても安心の資産運用

定期預金の利率ランキング

145-A.jpg

出典:お金を増やす方法<<1日で上手に安全に簡単に稼ぐ秘密>>

定期預金。利率は低いけれど、安心の資産運用ですよね。低いながらも工夫すれば本の少し増やす方法はあるんです。定期預金で資産運用するなら、短期の1年ものをオススメします。その理由に挙げられるのは、短期の1年ものならインフレのリスクに負けない!という点ですね。


定期預金で資産運用するのであれば利率の高い銀行を選びたいですよね。ネットバンキングがたくさんでてきていますが、こういったネットバンキングは大手都市銀行などに比べると利率が高いという点に注目することができます。


例えば、かんたんに例を挙げてみると・・・。100万円を預けた時の定期預金の利率ランキングは、1位あおぞら銀行インターネット支店、2位住信SBI、3位じぶん銀行、4位ジャパンネット銀行、5位東京スター銀行となっています。どうです?ネットでおなじみの銀行が並んでいると思いませんか?

引き出しができない定期預金だから金利が高い!

145-B.jpg

出典:お金を増やす方法<<1日で上手に安全に簡単に稼ぐ秘密>>

定期預金は1度預けてしまうと引き出しが自由にできません。それが金利が高くなっているポイントですよね。定期預金の預入は最短で1ヶ月、そして、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年・・・そして最長10年までの商品もあるんです。中には、2週間満期なんていう商品もあるんですよ。この辺は、ネットバンキングに多いようなので、ぜひ検索してチェックしてみてくださいね。


預金を始めるのなら、金額が少なくても効率的に貯められる商品を選びたいものです。預金の期間が短くても、高い金利と低いリスクの商品を狙ってみるのもいいですよね。慣れてくるば、ある程度のまとまったお金を効率よく運用してさらなる投資に回す資金にするんだ!などと、理想が生まれてきます。金利の高い外貨預金を選んだりするのも、おもしろいですよ。

定期預金はキャンペーンなどを上手に使って!

145-C.jpg

出典:ノマド的節約術

夏、冬のボーナス時期に、各銀行は定期預金のキャンペーンなどを行っています。じつはこの時期は要注意なんですよ。キャンペーンを狙ってやってきた人たちで、銀行は繁忙期になります。すると、口座開設にかかる日数というのが、通常よりもかかってしまうと現象に陥いってしまいます。そんなときに、「口座開設までに1ヶ月かかるためキャンペーンの対象外!」なんてことも起きてしまう可能性があります。せっかくのおトクなキャンペーンなのに、がっかりしたくはないですよね。


そういったことを避けるためにも、普段から気になっているインターネット銀行の口座などは、複数解説しておいて、キャンペーンを積極的に利用していきたいですよね。通常口座開設は無j料なので、興味のあるインターネットバンキングの口座は1コは持っておくことをオススメします。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ