不動産投資で高金利が発生する場合

不動産投資が注目される理由

157-A.jpg

出典:不動産関係のフリーイラスト素材

不動産投資とは、自己所有の空き建物等若しくは自己所有の土地に賃貸目的の建物を建てたりする又は他人の物件を購入したりして、人を募集してマンション経営等をしたりすることとされています。この不動産投資ですが、注目を集めているといいます。


注目を集める理由としては、会社員を始めとする給料生活者の副業若しくは老後の生活保障対策となるからです。公的な老齢年金若しくは給料というのは、税法上の所得控除等が限定されていますが、不動産投資で得た収入というのは控除以前に経費として認められるものが多いです。


 不動産収入において、赤字となった場合については税法上は税額等が減額されることになります。また、会社員が住宅を購入した場合は税額控除の対象となり、税額が減額されるので活用しないわけには行かないでしょう。

不動産投資を成功させるコツ

157-B.jpg

出典:物件写真.net

 不動産投資をするのは、ゆとりある生活をすることが目的とされています。また、不動産投資ないしマンション経営というのは、相手の立場に立って経営をして行かないことにはそれなりに利益や成果を得ることは出来ないとされています。


 相手の立場に立つというのは、ニーズを満たせるかどうかということです。入居希望者ないし賃借人というのは、賃貸物件の周辺環境について重視したりする傾向が強いといいます。よって、治安が良いエリアだったり、周辺に買い物出来る施設が多いあるいは近かったり、駅から近くに在る物件かどうかということを望んでいるそうです。


 また、住居についてですが、女性利用者であれば防犯体制が整っているか、メンテナンスは行き届いているか、を重視することが在ります。成功し易いマンション経営ですが、それは、管理人として賃貸物件に「一緒に住みながら」管理をしたり、セキュリティ面が充実していること、周辺環境は利便性が優れており今後も需要が見込めるエリア、であれば問題は無いとされています。

ローンを組む際の金利について

157-C.jpg

出典:インベスタークラブ

 賃貸物件を購入した場合ですが、ローンを組んで高金利が設定されることがあり得ます。金利は出来るだけ安いに越したことはありませんし、事前に綿密なプランを立ててセミナー等に出席して勉強をしなければなりません。


 ローンを組んでの物件を購入した代金の返済ですが、期間は短いに越した事は無いというのです。それは、返済期間が長いと高利率となることが多いとされており、こういう情報は優良な有料セミナーで収集することは可能とされており、自分の現状に合ったプランを作って、ローンを組む際はどうした方が得となるかをシュミレーションしなければなりません。


 月々の返済については、収益が大きければかなり楽になる可能性は出て来ます。また、ローンを組んでいる間は税額控除されることになるので、税務署との関係も考慮しながら戦略を立てていかなければ失敗をすることになるでしょうし、何よりも自分に合ったプランを策定するのが必須となります。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ