みんなで大家さんとクラウドバンク、定期預金をするならどっち?

誰でも大家さんになることができる!

158-A.jpg

出典:不動産関係のフリーイラスト素材

そろそろ貯金が貯まり、そろそろ資産運用を考えようと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、株運用は難しいからできないなど、考える人もまた多いのではないでしょうか。そこで定期預金をする方もいるという話を聞きます。日本の銀行の定期預金の利子は低いということもあるので、考えものですが外貨建ての定期金利の場合は、高金利の通貨もあるようなので大変お得です。定期預金は、途中で解約さえしなければ元金は保証されます。また金利もしっかりつくので、満期を迎えれば確実に利益を確保することが出来ます。かなり美味しい話だと思いませんか?


これを目当てに外貨建てで定期預金をする人が増えているようです。


また、最近は土地の価格が高騰化しているとも聞きますので、不動産ファンドに投資してみるのも面白そうですね。


ここでは、「みんなで大家さん」と「クラウドバンク」についてご執筆します。

みんなで大家さんって?

158-B.jpg

出典:物件写真.net

みんなで大家さんとは、出資者が出資したお金を元に不動産の持ち主となり、その不動産の家賃による利益を分配するという仕組みを運用しているサービスのことです。


先述のように、株やFXの運用は不安が多いこと、また定期預金では満期になるまでは確実な利益にならないことや、金利が低いことなどを考えると、不動産投資はうまくいけば安定した収入を継続的に得ることができるので魅力的な投資方法です。


みんなで大家さんを利用すれば、誰でも簡単に不動産投資をすることができます。サポート体制もばっちりですし、何か困ったときにはすぐに助けを求めることができるのもまた魅力的です。


さまざまな不動産投資サービスがありますが、みんなで大家さんほど安心できるサービスは見たことがないというのが正直なところです。

一方でクラウドバンクって?

158-C.jpg

出典:東京R不動産

クラウドソーシング、クラウドサービス、クラウドファウンディング、など世の中に様々な「クラウド」が浸透してきていますね。その流れの一つで、「クラウドバンク」というものがあります。クラウドバンクとは、投資信託の業界に広まりつつある、投資目的を可視化したサービスのことです。”◯◯をするのに▼▼万円必要ですので投資をしてください”という投稿に対し、投資家が投資をしそして、出資額が希望額に達すれば、プロジェクトが実行されるという仕組みになっています。もしプロジェクトが実行されなければ出資額は投資家に戻っていくわけですが、面白い仕組みですね!


人と人はこうしてどんどん対面する機会を減らしていくのでしょうか。クラウドバンク、クラウドソーシング、クラウドファウンディングなど、今後もクラウドから目が離せなくなりそうです!

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ