不動産投資なら都市綜研インベストファンド「みんなで大家さん」で

不動産投資の投資信託が今熱い?

176-A.jpg

出典:公務員が不動産投資をするならば絶対借金するべき理由 : ライフハッキング360:

アベノミクス効果で日経平均株価も上がって景気が上向きになっている日本ですが、いざ、投資ということになるとしり込みしてしまうという人もいると思います。投資というと元本を喪失してしまうというリスクが先歩きして、あまり良い印象をを持っていない人もいるのではないでしょうか。特に素人が投資なんかしようとすると、短期間でスッカンピンになってしまいそうですね。でも、銀行口座にお金を眠らせておくのももったいないですよね。そういう人のために投資信託といわれる商品があります。この商品は、小口のお金を集めてプロの投資家がお金を運用するといった金融商品となります。投資信託の中にもいろいろな種類があります。不動産投資の投資信託もあり、現在土地の値段が上がっている今ねらい目だといえます。

小口の不動産投資がなぜねらい目なのか?

176-B.jpg

出典:フリー素材 | 財布とコインを撮影したフリー写真。お金、経済、ビジネスなどに。:

何故、現在不動産投資関連の投資信託がねらい目だといえるのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。現在、アベノミクスが始まってから日本の景気は徐々に回復してきました。それによって、日本の土地の価格が上昇してきました。2014年のJ-REIT指数をチェックしていますと確実に上がってきていることが確認できます。また、東京オリンピックが2020年に控えており、東京近郊の土地の値段が高騰してきているようです。このように、現在、土地関連に投資することが最もトレンドに乗っているということがいえるのです。それでは、現物に投資すればよいでしょうか。現物に投資するのは、資金量にかなり余裕がないとできる代物ではありません。とくに、これから高騰が予想される土地を購入するには相当量の資金が必要になってきます。その点、不動産投資関連の投資信託は小口から投資できるので、その点において優れた利点があるといえるのです。また不動産の投資信託に似ている商品として、不動産ファンドというものもあります。今回、この不動産ファンドについて取り上げてみましょう。

都市綜研インベストファンドが発行している不動産ファンドを購入してみよう

176-C.jpg

出典:みんなで大家さん:

それでは、具体的に不動産ファンドについて見ていきましょう。現在有名な不動産ファンドというと、都市綜研インベストファンドが発行している不動産ファンドがインターネットで検索することができます。さてこのファンドなんですが、名前は、「みんなで大家さん」というファンド名になります。調査をしてみると、今まで発行されたこのシリーズのファンドはみんな利回りが年利6%を越しているみたいです。年利6%という成績は、投資経験者ならいかに高いか実感することができると思います。興味がある人は、都市綜研インベストファンド「みんなで大家さん」を紹介しているホームページを探してみてください。とても、素晴らしいファンドだということを理解していただけると思います。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ