都市綜研インベストファンド「みんなで大家さん」と東京建物「インベストプラス」の所有物件の違いについて

不動産ファンドについて考えてみる

177-A.jpg

出典:今までになかった独創的なリゾート不動産投資スキーム:

。さて、今巷では、不動産投資が熱い視線を浴びているということを皆さんご存知ですか。ただ、一般人からすると不動産投資は資金量が無いと無理じゃないかと感じる人たちもいるのではないかと思います。確かにその通りで、不動産投資とは、あくまでも金持ちの投資法のように感じられます。しかし、不動産ファンドに投資するという選択肢があるということを、みなさんご存知ですか。不動産ファンドを利用すると少額でも不動産に投資したのと同じ効果が期待できるのです。そのファンドの中から、都市綜研インベストファンド「みんなで大家さん」と東京建物「インベストプラス」を比較してみたいと思います。その中でも今回は所有物件について比較してみたいと思います。何故所有物件を比較するかといいますと、物件によってファンドの信頼度が測れるからです。

「みんなで大家さん」と「インベストプラス」の所有物件について

177-B.jpg

出典:自社所有物件 | 新築一戸建て住宅販売 ウエストコーポレーション:

「インベストプラス」と「みんなで大家さん」、この2つのファンドの所有している物件はどのような違いがあるのでしょうか。都市綜研インベストファンドの不動産ファンド「みんなで大家さん」はどちらかというと、地方に色々な物件を持っています。マンション、倉庫、商業ビル、ホテルと選り取り見取りです。ファンドごとに建物が定められていて、ファンドによって想定利回りも違うみたいですね。今まで発行された「みんなで大家さん」シリーズのファンドがこの会社のサイトでチェックできるようなので。調べてみてください。一方、東京建物の「インベストプラス」はどうでしょうか。基本的に東京建物が所有している建物がファンド対象になっているようです。建物自体は東京建物が所有していうものですから、しっかりとしているという印象があります。推測ですが、「インベストプラス」の物件は安定しているということが言えます。

2つのファンドの所有物件の違いは余りないので、どちらに投資をしようか考えてみる

177-C.jpg

出典:豚の貯金箱とお金[10137001198]| 写真素材・ストックフォト・イラスト素材|アマナイメージズ:

基本的に、これら2つのファンドの物件の違いはないように思えます。確かに東京建物歴史のある不動産会社であるので、「インベストプラス」の信頼度は不動産ファンドの中ではトップクラスに位置するものだと思います。しかしながら、都市綜研インベストファンドの「みんなで大家さん」もいままで堅実な運用をしてきたので、この実績を鑑みれば「インベストプラス」と遜色のないもののように思います。また、想定利回りに関しては、「みんなで大家さん」は「インベストプラス」の利回りを大幅に上回っていることが言えると思います。大体利回りでいうと4%の差があるようです。みなさん、都市綜研インベストファンド「みんなで大家さん」で検索してみてください。現在も募集されているようですので、すぐに申し込みができるようです。2つとも良い不動産ファンドだと思いますので、皆さんも検討してみてください。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ