都市綜研インベストファンド「みんなで大家さんシリーズ」と東京建物「インベストプラス」で資産運用を考えてみる

資産運用は難しいか?

178-A.jpg

出典:フリーターからわずか半年で月商6億社長 重政成明 ::

資金のある人は資産運用をどのように行おうかと思案に暮れている人も多いのではないかと思います。銀行に資産を預けておいても利子は雀の涙の程度ですよね。かといって、FXや株式投資はリスクが高くて手が出せないと思っている人が多いと思います。特にFXは、初心者が手を出すと大きな火傷を負う可能性があります。素人にとって資産運用はとても難しい課題ですね。しかし、日本では現在インフレが進んでいます。端的にいうと資産価値が徐々に下がっているのです。指を咥えて黙って見ていてもよいのですが、ほかに良い方法がないものでしょうか。今回、私がお勧めする投資法は不動産ファンドを購入するといったことです。不動産の現物を買うには結構なお金が必要ですよね。このファンドはそういう不動産投資の欠点を補ってくれるものになります。

主な不動産ファンドは、「みんなで大家さんシリーズ」と「インベストプラス」などです

178-B.jpg

出典:高解像度画像素材集 EyesPic:

さて、不動産ファンドで資産運用をしようと思っても、色々あって迷ってしまいますね。今回は2つのファンドを紹介していきます。一つ目の不動産ファンドは、都市綜研インベストファンドが発行する「みんなで大家さんシリーズ」です。私が初めてしった不動産ファンドが何を隠そう「みんなで大家さんシリーズ」なのです。結構WEBで広告を見かけるという人もいるのでご存じな方も多いと思います。もう一つは、東京建物が発行する「インベストプラス」というファンドです。これは、大手の不動産デベロッパーである東京建物が発行している不動産ファンドになります。この2つのファンドはどちらも優良な不動産ファンドだと思いますが、少し2つのファンドを比較してみたいと思います。

都市綜研インベストファンド「みんなで大家さんシリーズ」と東京建物「インベストプラス」で資産運用をしよう

178-C.jpg

出典:みんなで大家さん:

「みんなで大家さんシリーズ」と「インベストプラス」どちらが資産運用に向いているでしょうか。まず、利率の比較をしてみますと、圧倒的に「みんなで大家さんシリーズに」に軍配が上がります。「みんなで大家さんシリーズ」は約年利6%以上あるようです。年利6%という金融商品はなかなかお目にかけることができません。また、「インベストプラス」は、約2%ぐらいだそうです。また、購入手数料がかからないのも嬉しいですね。ですのでこれだけだと、「みんなで大家さんシリーズ」に軍配が上がると思います。しかし、会社の歴史や安定度を考えてみた場合、東京建物の方が信頼度が高いともいえるのです。資産運用は運用効率と安全性のバランスの上で成り立つといえるので、これ以上は投資家の皆さんの判断となります。ただ、今のところ2つのファンドに配当が滞ったという話が出ているわけではないので、安定運用できているのではないでしょうか。両方のファンド、どちらも良い不動産ファンドであるということは言うまでもないでしょう。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ