不動産投資をしたい人は、都市綜研インベストファンド「みんなで大家さんシリーズ」と東京建物「インベストプラス」を検討しよう

不動産投資は難しいか?

179-A.jpg

出典:不動産で稼ぐより確実なサイト運営で稼ぐ方法 | 資産運用 | ネットビジネスで稼ぐ方法と起業論:

不動産投資は、個人投資家にとって敷居が高い投資です。不動産投資は一般的に土地、建物を売買するという訳なので、多額の資金が必要になってきます。実際、不動産投資家は、代々資産家の家系か、それとも株式投資、事業で大枚を稼いだというタイプに分類されると思います。それでは、一般投資家が不動産投資に全く関わり合いが持てないかというと、そこは話がまた変わってくる可能性があります。というのは、少額でも不動産に投資できる方法があるからです。代表的なもととしては、J-REIT、もう一つは不動産ファンドといわれるのもです。これらの2つのファンドは基本的には、プロが運用しますので、全くの投資ど素人が運用するよりも堅実であると言われています。

不動産ファンドかJ-REITか?

179-B.jpg

出典:タグ:『お金』画像一覧 - ホスピタルブラックチェッカー:

さて、不動産ファンドか J-REITかどちらが良いのかということを考えてみたいと思います。一般的にJ-REITに運用資金が巨大で、証券取引所に上場しているものになります。規模が大きい分、信頼も大きいということが言えるのですが、問題として挙げられるのは価格の乱高下が大きいということがいえます。現在は景気回復期の波に乗って、平均単価が上がっていますが、今後の展開に関しては全く予測ができません。もしかしたら、今だと高値つかみになってしまう可能性もあります。不動産ファンドに関しては、現在ではある程度元本が保証されるといった措置をとっているファンドが多いということがいえます。その点に関しては、J-RIETよりも安心ですね。したがってどちらかというと、不動産ファンドの方が堅実に運用できるようです。

都市綜研インベストファンド「みんなで大家さんシリーズ」と東京建物「インベストプラス」を紹介したいと思います

179-C.jpg

出典:さあ、「心」の中の「ブタの貯金箱」を割ろう - 優しい唄歌い:

それでは、どの不動産ファンドが良いといえるでしょうか。結構不動産ファンドも種類があるので一つに絞るのが難しいといえます。代表的な不動産ファンドは、都市綜研インベストファンドが主催している「みんなで大家さんシリーズ」と東京建物の資産運用商品である「インベストプラス」が挙げられます。両方とも歴史のある、評価されている不動産ファンドといえると思います。投資家目線からすると、大会社の信用を評価するのであれば、東京建物の不動産ファンドを、利回り優先で考えるのなら、都市綜研インベストファンドを不動産ファンドを検討するのではないでしょうか。ちなみに、私の知り合いは2つとも運用しているようですが、どちらも利金に関して滞りなく払われているようなので、安心できると言っていました。ですので、不動産投資を迷っている人は、まず不動産ファンドの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ