初心者でも安心。定期預金のノウハウ

定期預金でももうかる初心者向きの投資とは?

192-A.jpg

出典:マンション関係のフリーイラスト素材

銀行口座にお金を預けていても、たいしてお金なんて増えないと不満を抱えている人が多くいることだと思います。確かに、日本の銀行の定期預金は低金利すぎます。ほかに良い投資先がないかなと物色している人も多いことだろうと思います。でも、どんな投資がよいのか、投資初心者にとっては思案のしどころです。株やFXはたくさんもうけることもできるけれど、お金を失うというリスクもあります。また、アベノミクスで株価が上がっているので、株式投資は素人でもうまくいきそうな感じかしますが、実際に儲かっている人の話はあまり聞きませんね。基本的に銀行の定期預金よりもリスクの低い初心者向けの投資というものは、現実的にはあまりないということができます。じゃあ、全くないのかというとそういう訳でもありません。

不動産投資は、定期預金しかしたことのない初心者向きの投資方法か?

192-B.jpg

出典:物件写真.net

定期預金に預けるのもあまり利息がつかないので、預けとくのはもったいない。しかし、株式投資やFXはリスクが大きすぎるのであまり気のりがしない。そういう人たちのために、どのような投資がよいかを考えてみました。余り多くはないのですが、初心者に向いていてリスクの大きくない投資の中の一つに不動産投資というものがあります。不動産は、確かに景気の良しあしで価格が左右するということがありますが、基本的に株式などの投資に比べるとリスクが少ない初心者向きの投資であるということが言えると思います。しかし、不動産投資には、一つの問題点があります。基本的に初期投資が多額になるといった問題点です。基本的に不動産投資は金持ちの投資方法といわれています。それでは一般庶民にとっての投資方法は、定期預金しかないのでしょうか?

投資初心者は定期預金より不動産ファンドか?

192-C.jpg

出典:freepik

さて、初心者の投資家は定期預金しか投資方法がないのかという話をしてきましたが、実は初心者でもリスクを取らずに儲ける方法があるのです。先ほど、不動産投資の話をしました。確かに不動産投資は元手がいる投資方法なのです。しかし、この欠点を補った投資方法があります。それは、不動産関係の投資信託を買うという方法です。一つ目に考えられるのは、JーREITを購入するという方法です。株式投資をしている人ならほとんどの人が知っているJ-REITですが、これは上場不動産投資信託とうもので、運用の利回りを受け取れるものです。ただ、これは価格が上がったり下がったりするので、景気いかんによっては、元本が割れる可能性があります。元本がイヤだという人もいることでしょう。そういう人には、元本保証の不動産ファンドが向いていると思います。ネットで検索すればいくらかの不動産ファンドが見つかるでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ