預金の金利ってどうなってるの?

銀行預金の金利は、なぜそんなに高くないのか?

193-A.jpg

出典:マンション関係のフリーイラスト素材

そもそも預金にはなぜ金利がつくのか、皆さんご存じですか?


銀行に預金をする、つまりお金を預けるということは、銀行に対してお金を貸してあげていること同じになります。私たちは普通、人、あるいは金融機関からお金を借りたら、利息を支払わなければなりません。この借金の利息に相当するものが預金につく金利ということになります。


しかし銀行に対して預けていたお金に付く金利は、現在、とても低い水準となっています。それは預金という性質上、いつ下ろされてしまうかわからない、という不確定さにもとづいていることが理由です。たとえば借りているお金であれば返済日までは、確実にそのお金は借りている人は自由に使うことができます。しかし銀行預金はそうではありません。そのためいつ払い出されてもいいように銀行は一定の金額を用意しなければならず、投資などに回すことはできません。こういった理由から銀行預金の金利は低いものとなっているのです。

長期間使わない分は、定期預金など金利の高い商品に

193-B.jpg

出典:物件写真.net

銀行はさまざまな種類の預金を取り扱っています。一番よく知られているのは、やはり普通預金です。普通預金は銀行に行って普通に預金をすることによって口座が作られる預金になります。銀行で取り扱われている預金の中では、もっとも金利の低い口座になります。しかしサラリーマンなどの給料振込口座や一般家庭での公共料金支払いの引き落とし用口座などとして、多く活用されています。普通預金口座に預けられているお金を、いつでも自由に下ろして使うことができます。


これに対して預金者が自由に下ろすことができない口座があります。定期預金口座がそれにあたり、いついつまで、というように一定期間は下ろさないことを約束した口座になります。この口座に預けられたお金については、銀行側は普通預金口座よりも自由に運用することができます。そのため金利も高いものとなります。

金利の高い預金なら、ネット銀行もオススメ

193-C.jpg

出典:freepik

銀行の預金につけられる金利は、横並びでどこも同じ、という時代がありました。しかし自由化によってこの金利の横並びは解消され、いまは銀行ごとに自由に金利設定をすることができるようになっています。


銀行の金利は、市場の金利を基準として、あとは各銀行の持つさまざまな要因によって決められます。銀行といっても商売ですから、利益を出すことが大前提になります。人件費や店舗維持にかかる費用などが多くなると、金利も低く抑えられます。


ネット銀行は店舗を持っていないところが多いので、店舗維持にかかる費用が抑えられます。つまり諸経費が抑えられるということになり、利益が出やすいということができます。そのため、大銀行でいくつもの店舗を持っているところよりも、金利がよいところがあります。


ネット銀行は口座を開設するのが大変、というイメージがあるようですが、一度口座を作ってしまえば、後はコンビニなどでお金の出し入れをすることができます。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ