都市綜研インベストファンドとクラウドバンク、定期預金をするならどっち?

定期預金よりお得な資産運用!都市綜研インべストファンドのクラウドバンクとは?

196-A.jpg

出典:マンション関係のフリーイラスト素材

日経平均や為替が回復傾向にあるとはいえ、今なお日本経済は長い不況に包まれています。自己資産を効率的に増やすためには、利回りの良い資産運用を実践する必要があります。


中でも最近注目されているのが、都市綜研インべストファンド株式会社が提供している「みんなで大家さん」というクラウドバンク型の不動産ファンドです。あまり聞き慣れない言葉ですが、クラウドバンクとは特定の事業に対して複数の投資家が自由に出資する全く新しいタイプの資産運用のことです。対象のビジネスモデルが利益を上げると、その配当が出資者に分配されるシステムになっています。


多くの方は自己資産を定期預金にまわしていますが、都市綜研インべストファンド株式会社のクラウドバンクの利回りは定期預金とは比べ物にならないほど高いという特徴があります。銀行に寝かせておくよりはるかに効率的に自己資産を増やすことができます。

都市綜研インべストファンドのクラウドバンクが定期預金よりお勧めな理由

196-B.jpg

出典:物件写真.net

都市綜研インべストファンドのクラウドバンク・みんなで大家さんシリーズは、なぜ多くの投資家から注目されているのでしょうか?


その理由の一つが、投資の自由度です。資産運用の代表的な存在である定期預金の場合、まとまった利息を得るためには一度に数百万円以上もの資産を預け入れなければなりません。その点、都市綜研インべストファンドのクラウドバンクなら、少額資金からの投資が可能です。自分の予算と目的に合わせて自由な資産運用を営める魅力があります。


また、不動産投資の初心者の方でも気軽に参加できる門戸の広さも見逃せません。マンション経営などの不動産ビジネスは利回りこそ高くても素人には敷居が高すぎます。しかし、みんなで大家さんシリーズの場合、不動産事業の運営は都市綜研インべストファンド株式会社がすべて担当してくれます。投資家は出資するだけで配当を得ることができるので、とても簡単です。

定期預金に引けを取らない都市綜研インべストファンドのクラウドバンクの安全性

196-C.jpg

出典:freepik

株式取引やFXなどの投資は、高い利回りと引き換えに自己資産を損失するリスクの高さもはらんでいます。たとえ儲けるチャンスがあっても、その分大金を失う可能性があるのでは怖くて手を出しづらいものがあります。元本が保証されている定期預金にすがってしまうのも無理のない話です。


リスクを抑えつつ利回りを高めた資産運用を実践したい方にとって、都市綜研インべストファンド株式会社のクラウドバンクは理想的なサービスといえるでしょう。都市綜研インべストファンドのみんなで大家さんシリーズは証券市場に上場していないため、株式のように急激な価格変動で損失をこうむる心配がありません。しかも、不動産物件の賃料が下落してしまった際にも元本評価額を保護するシステムが採用されています。


投資のすぐれた利回りと定期預金並の安全性が両立されており、初心者の方でも安心して参加することができます。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ