定期預金を都市綜研インべストファンドのマリオンボンドへ

マリオンボンドとは 

201-A.jpg

出典:物件写真.net

現在、金融機関の金利は非常に低く、比較的高金利とされているネット銀行であっても、0.3%となっています。また株や為替の投資はゼロになるリスクどころか、マイナスになる可能性も秘めています。そのため一生懸命働いて貯めたお金を預けるには、非常に危険な投資になります。


マリオンボンドは、投資家を保護する目的で制定された不動産特定共同事業法という法律に基づいた商品です。住居物件からの賃貸収入を分配原資としているため、安定しており、さらに優先劣後方式を採用し安全性を高めています。株式や投資信託のようにとは異なり、毎日のように市況の心配をする必要はありません。また利率は4%~6%程度が見込め、高い収益を見込むことができます。銀行にお預けの定期預金をマリオンボンドに変更してみませんか?

都市綜研インべストファンドのマリオンボンド

201-B.jpg

出典:写真AC

都市綜研インベストファンドのマリオンボンドなら、不動産投資にまつわる、価格の下落を回避することができます。そして物件は耐震構造のしっかりした物件を選ぶことと地震保険などに対応することで地質学的リスクを回避しています。空き室や流動性などのリスクにも、買取システムなどで対応しています。そして賃料滞納リスクには、プロの法律家との連携で対応しています。また都市綜研インベストファンドのマリオンボンドは解約が自由になっていることもメリットの一つです。いったん投資を行うと、都市綜研インべストファンドのマリオンボンドでも5年から7年は投資期間になります。しかし途中解約が可能ですので、気軽に相談することができます。日本経済の破綻に抵抗すべく自分達の給料を自分達で防衛しなくてはならないこの現代において都市綜研インベストファンドのマリオンボンドは大いに役立つことでしょう。

東京の不動産価格はこれから伸びます

201-C.jpg

出典:Blog RealtON

東京の不動産投資は今がチャンスになります。2020年のオリンピック決定によって、一気に不動産価格が高騰しました。これは投資のチャンスでもあるのです。そして、不動産投資は、東京がいいのです。なぜなら東京と沖縄は、人口減少に苦しむ日本の中で、唯一といっていいほど人口が増加しており、不動産投資にも注目が集まっているからです。その中でも不動産投資を行うのでしたら東京が最適でしょう。2020年以降も人口は増えることが予想されており、都市綜研インベストファンドのマリオンボンドは最適な資産運用の形として評価されつつあります。あなたも、都市綜研インベストファンドで資産運用してみませんか?マリオンボンドでしたらローリスクミドルリターンの投資が可能です。


そして都市綜研インベストファンドまでお問い合わせください。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ