都市綜研インベストファンドの口コミ

不動産投資の存在

204-A.jpg

出典:物件写真.net

 本業の給料だけではなかなか満足できない社会人、不安定で少ない給料で経済的に不安の多い自営業者、年金の不安が絶えない高齢者など普段の収入だけではお金が足りない人はなんらかの方法で副収入を得なければなりません。その副収入を稼ぐ方法で、近年「不動産投資」が注目されています。期待の大きい不動産に資金を投資して、その不動産の業績に応じて配当金をもらうというものです。株よりも投資金が少なく、銀行預金より金利が高い「ミドルリスク、ミドルリターン」から現在注目を集めています。投資資金が少ないということはリスクが低いということであり、「配当金はほしいけどリスクの高い株は怖い」という人や「銀行の金利は低過ぎる」という人にぴったりなのが不動産投資です。その中で今回は「都市綜研インベストファンド」という企業を紹介します。

都市綜研インベストファンドとは?

204-B.jpg

出典:写真AC

都市綜建インベストファンドとは、現在あらゆる人から注目をあびている不動産投資会社です。雇用や所得が削減され、年金もうけられなくなってきて、生活資金に不安の絶えないこの時代で、不動産投資を活用し投資者達の生活支援と資金運用をするのが目的の会社であり、「みんなの大家さん」と呼ばれるという資産運用事業を中心に年々投資者を増やしています。この「みんなの大家さん」の強みはなんといっても金利が予定金利を下回ったことがないこと、そして元本割れをしたことがないということです。ようするにリスクがないまま安定して配当金をもらえるということなのです。ちなみに金利は6%であり、銀行投資などとくらべても高めです。このような理由から人気を得ているこの「みんなの大家さん」という事業。なぜこのようなことが可能なのでしょうか?

「みんなの大家さん」の仕組み

204-C.jpg

出典:Blog RealtON

「みんなの大家さん」は、不動産投資において面倒なところである不動産の管理は全て営業者がやってくれます。そしてテナントと賃貸借契約を結び、そこから得た賃料中から出資者たちに配当金を与えているのです。株式などと違うところは証券市場に上場しないことです。つまり価格の変動がなく、ここに「みんなの大家さん」の安定性の秘訣が存在します。他にも、不動産の取引価格より少ない賃料収入により、物件の価格変動に関係なく安定した配当金を保持できているという理由もあります。これらの理由からこの「みんなの大家さん」は、安定した配当金を強みとすることができているのです。これからの時代において、副収入を得ることは必要不可欠となるかもしれません。みなさんもぜひ都市綜研インベストファンドで不動産投資を始めてみましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ