リートで稼ぐために比較したほうがいいこと

投資してお金を稼ぐ

213-A.jpg

出典:物件写真.net

いま日本は国際的な不況にあります。そのため所得が削減され、生活が苦しくなってきている家庭は少なくいです。また雇用もさくげんされているので若者が就職難になりつつあります。このような状況で、国民は現在本業とは他の方法でお金を稼ぐ方法を見つけることが必要になってきています。ようするに副収入を稼ぐことが必要になってきているのです。副収入を得るための方法はやはり副業などですが、株やfxなどいった、なにかに投資してその配当金から稼ぐ方法も存在します。リスクはあるものの、予想が的中し成功したときの利回りは大きいものが多く、勉強したら勉強するほど利益の還元率は高くなっていくでしょう。その分リスクも大きいので、成功したときの利益と同じくらい失敗したときの損益も大きいのがデメリットです。

リートとはなにか?

213-B.jpg

出典:Sunlight in the Morning

このように何かに投資して配当金をもらって稼ぐ方法はいくつかありますが、中でも不動産投資は株よりもリスクが少なく、銀行の預金よりも金利が大きい「ミドルリスク、ミドルリターン」なので一般人でも比較的に手を出しやすい事業です。今回紹介する「リート」はこの不動産投資と投資信託が合わさったものです。Real Estate Investment Trustの略称であり、投資家たちから資金を集めて不動産を購入し、そこであげた利益や損益を投資家たちに配当するというものです。株式投資信託の不動産バージョンと考えれば理解がしやすいです。また、株より不動産投資の方がリスクが少なく投資金額も少なくていいというのと同じで、リートは株式投資よりも初期投資や投資金が少ないので、これも一般人が比較的手を出しやすい事業だと言えるでしょう。

リートで注意すべきこと

213-C.jpg

出典:pixshark.com

比較的に一般人でも手の出しやすいこのリートですが、利益をあげるためには数ある会社を調べていろいろな面で比較していかなければなりません。それではどういった部分を見て行けばいいのでしょうか?まず重要な部分で、お金にかかわることは全て調べた方がいいでしょう。まず、投資する個人や法人を調べて比較し、どこが一番利益を期待できるかを予想して選ぶことは、株や不動産投資などとまったく一緒です。他にも、リートは証券ですので、もちろん購入するにあたって手数料がかかります。どの会社によっていくら手数料がかかるのかチェックするだけでも損得の差は大きいです。この手数料は会社によって大きく変わり、500万円相当の取引になれば、その差額は何千円にもなります。こういった面でも利益を上げるのに役立つでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ