利率を意識して貯蓄に臨む

十分な貯蓄をすることが重要

214-A.jpg

出典:vid investe Funcesp

安心できる生活を手に入れるためには、しっかりと貯蓄をしておくことが大切です。タンス預金という言葉がありますが、自宅に現金を置いておくのでは、それ以上にお金を増やすことができません。現状では利息の利率が低くなっているため、銀行などに預け入れても意味がないと考えている人も多いものですが、預け入れていないよりはマシなのです。普通預金の場合、たいていの金融機関で利率が共通していますが、定期預金などであれば、金融機関ごとに利率が異なるケースが多いです。十分に情報を集めるように心がけていると、有利に貯蓄をすることができるようになります。預け入れる金額が多くなると、利率が上がっていく金融機関もあるため、資金に余裕がある人の場合は、しっかりと預け入れるようにしておくことが大切なのです。

上手に貯蓄するための方法

214-B.jpg

出典:物件写真.net

貯蓄をしたいと思う人は多いですが、うまく貯蓄することができる人もいれば、なかなか貯蓄することができない人もいます。後者のタイプの人は、お金の使い方が上手でないケースが目立っています。給与を受け取った後、生活費として使用する部分と、貯蓄をする部分とを明確に分けておくことが大切です。あらかじめ、どのくらい貯蓄したいのかを考えておくようにするのです。生活費として支出した後で、残ったお金を貯蓄に回そうという考え方もありますが、このような考え方は失敗につながりやすくなります。最初から、一定の金額を定期預金として預け入れてしまうことが肝心です。使えるお金として手元に残っていると、どうしても使ってしまうようになります。定期預金であれば、普通預金より利率が高くなっていることが多いので、貯蓄しやすいです。

利率の変動を常に意識する

214-C.jpg

出典:Locations

定期預金などの利率というのは、常に一定しているわけではありません。ある時点では全然高くない利率も、突然高くなるということが頻繁にあります。近年では、金融機関の窓口に行かなくても、ウェブサイトを閲覧しているだけで、利率の情報を確認することができます。毎日のようにチェックするのは現実的ではありませんが、週に1回くらいのペースで、ウェブサイトを覗く習慣をつけておくことが大切です。利率が高くなった時は、しっかりと定期預金として貯蓄をしていきます。逆に、あまり利率が高くない時点では、普通預金に預け入れるだけに留めておきます。定期預金は、途中で解約すると利率が普通預金よりも低くなってしまうため、うまく利用する工夫をしなければなりません。利率の変動を常に意識していると、貯蓄の仕方を考えるキッカケにもなります。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ