不動産投資で貯金を上手に使うための特徴と比較

貯金をその他の投資と比較

219-A.jpg

出典:物件写真.net

不景気が続く中で、あらゆる物が値上がりを重ね続けている状況になってきていますが、それでも諦めずに少しでも安く済ませる方法を見つけては切り詰めて生活を送る、そんな現状が見受けられます。


そして少しでも自分たちの貯金を上手く利用できないかと試行錯誤する中で、今最も安定しているのが不動産での投資です。


生活に及ぶ全てのことが値上げされる一方で貯金や預金は低金利が留まるところを知りません。


そこで少しでもとFXや多少の株取引などをされる方が増えており、そしてそれには大きなリスクが伴うことでもあります。


こういった投資が注目される中で、もっとも信頼性のある投資とは何があるのか?また確実に利益を生むことができる方法として不動産投資が囁かれていますが、その魅力には貯金を無駄にすることなく、そして他の投資と比較しても安定感があり、そして需要も今後さらに高まると考えられています。

物件の比較と貯金の使い方

219-B.jpg

出典:Money Marketing

ここで不動産投資を行う際に何をしていかなければいけないのかを考えます。


例えば収益不動産を選ぶ場合、チェックしておくことがありますが、それにはまず立地条件と長期修繕計画がちゃんと立てられているかが考えられます。


そして近年ではセキュリティは大事な項目であり女性専用物件なら尚のこと大事になってきます。


そして耐震性も近年ではとても重要な項目であり、昭和五十六年以降の物件なのかも確認が必要になってきます。


そして賃貸物件用建物なら大きく分けて木構造と鉄骨コンクリートと鉄筋鉄骨コンクリートがあるので、豆知識として理解しておくことも大事です。


また自分の貯金に合わせた予算を決めることから始まり、あらゆるエリアから不動産投資の比較をしていかなければいけないので、物件だけにとどまらず様々なことから貯金と比較を考えていかなければいけません。

貯金を不動産投資する前に特徴と比較を知る 

219-C.jpg

出典:The Franklin Society

まず不動産投資をする場合には、数年から数十年とスパンが長く投資を行うことが特徴でもあります。


ですからしばらく使うことの無い資金、つまり貯金で行うことができます。


また流動性が低く資産を現金に換え易く、何よりも資産を現金に換える時間がスマートで流動性が引くと言いえます。


そしてインフレに対しての対抗策としても、自分の貯金を物件に変えておけば現金を持っているよりも損をしなくて済むことから注目されています。


そしてせっかく投資した不動産に借り手が付かないと、せっかく投資したのに元も子も無くなってしまい当然ですが家賃収入が発生しませんが、借り手が居る場合は安定した家賃収入が発生するので、他のFXや株などと比較した場合のリスクとして考えると、かなり低いと考えてもいいのではないでしょうか。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ