不動産ファンドは比較して選択することが一番!

不動産ファンドの比較は難しいという認識は正しい

229-A.jpg

出典:pixshark.com

不動産ファンドは、株式や為替等と異なり、相場によって価格がアップダウンする性格の投資商品とは異なり、不動産の「事業」に投資する金融商品だと言えます。従って、多数ある不動産ファンドは「不動産」、あるいは「ファンド」という括りでは共通しているものの、一つ一つが異なる事業の投資なので比較すること事態は難しいのは事実です。


むしろ、安易に利回りやファンドを提供している会社の社名や実績等、限られた情報だけで比較して投資を決めてしまうと言うのは決して感心できる行為だとは言えません。どれをとっても同じ物はない、つまり一つ一つの事業やそれに伴うリスクが異なっている商品だという自覚と認識が必要だと言って良いでしょう。


しかしながら、だからと言って不動産ファンドの比較を行わなく良いという訳でもありません。

難しいからこそ不動産ファンドの比較が大事

229-B.jpg

出典:写真AC

申し上げたいことは、不動産ファンドとは一つ一つの事業の中身が異なる商品であることを認識しておくこと、それ故に不動産ファンド同士を比較したくても容易ではないこと、容易ではない故に簡単な情報だけで比較してならないということであって、比較すること事態を否定している訳ではありません。


つまり、それだけ難しいことではあるが、難しさに臆することなくしっかりと比較検討して不動産ファンドに投資すべきだと言うことです。


では不動産ファンドを比較しようと考えた場合、どのようなものが求められるのでしょうか。


不動産ファンドを比較分析するなら、まずどうしても理解しておかなければならない、またおぼえなければならない専門用語というものがあります。また、専門家の分析を単純に鵜呑みしてもなりません。例えば日本の経済動向を様々な経済評論家が分析した場合、その結果が全く異なる場合があるのが良い例です。従って、分析された情報を更に分析する力も必要になってきます。

難しさを乗り越えることが出来ればローリスクの不動産ファンド投資が実現出来る!

229-C.jpg

出典:マンション経営大学

不動産ファンド投資は、そのような意味では決して易しいとは言えない投資商品かも知れません。しかしながら、そうした難しさを乗り越えて、不動産ファンドの個々の事業内容やリスク等々だけでなく、他の不動産ファンドと比較して分析や評価が行えるようになれば、それだけ投資に対する目利きやリスクを見抜く力がアップすると言えます。


その結果、不動産ファンド商品に投資する際、よりリスクが低くより利回りが有利な不動産ファンドに投資できるようになる、つまりローリスクでミドルもしくはハイリターンを実現することが出来るようになるとも言えます。


また、こうした力を身につければ、不動産ファンドだけでなく投資全般にも応用できるようになると言えます。自身の経済的成功を勝ち取るためにも、不動産ファンドでそうした実力を養うようにしましょう。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ