貯蓄をする場合、都市綜研とクラウドバンクどちらがいいの?

貯蓄するよりもリターンの大きな商品があります!

233-A

出典:Free Real Estate Images

銀行の定期預金の金利は、何の足しにもならないくらい低金利となっています。無駄に、銀行にお金を預けておくのは、はっきり言って勿体無いのです。投資などでお金を増やすといった方法がありますが、FXのようにハイリスクハイリターンでは、怖くて手が出ないという方が多いのではないでしょうか。ですが、安心して貯蓄増やす方法があれば試してみたいですよね。


最近、都市綜建ファンドである「みんなの大家さん」とソーシャル型のクラウドレンディングサービスのクラウドバンクが注目を集めています。


どちらのサービスも、安心安全に投資することができるので、投資初心者の方でも気軽に始められます。また、少額からの小口投資から始めることができる上に、安定した分配金を得ることができるといった点でも人気が出てきているのです。

都市綜建「みんなで大家さん」と「クラウドバンク」は本当に貯蓄が可能なのか?

233-B

出典:Mansion Images Free Material

「みんなで大家さん」は、一口100万円からの少額出資で気軽に賃貸事業に参加することができます。営業者が保有する優良物件から投資し、その賃貸料を分配原資としているため、銀行預金よりも有利な利回りが望めます。


そして、営業者が物件の管理、運営を出資者に代わって行うので、メンテナンスなどの手間がかかりません。


そして、「クラウドバンク」は、一般の方でも多くの人が資金を預け、資産を運用することによって高利回り案件への投資を可能にした新しい資金運用サービスです。


クラウドレンディングは、少額から投資できます。例えば、50万円を想定利回り5%で2年間運用すると、46,000の分配金が得られます。銀行に貯蓄しておくだけよりも大きなリターンが得られるサービスとなっています。投資が初めての方から大口の投資家の方にまで最適で新しい形の資産運用方法なのです。

都市綜建「みんなの大家さん」と「クラウドバンク」の利回りは?

233-C.jpg

出典:物件写真.net

都市綜建「みんなの大家さん」の想定利回りは、大体年利5%を超えています。これは、現在の銀行の預金に比べると物凄く魅力的だと言えます。利回りは、確定していませんが利益分配金の安定性を高める優先劣後システムが採用されています。このシステムによって、顧客が賃貸利益を受け取る権利が優先されます。因みに、現在まで販売された「みんなの大家さん」シリーズにおいて、利益分配金が想定利回りを下回ったことは一度もないという優秀な商品なのです。


「クラウドバンク」は、少額・短期でも平均投資リターン5.2%の高利回りで、着実な資産運用の実現が可能となっています。短期間で償還される商品が中心となっていますが、継続的に投資を行うことで、複利効果を得ることも可能です。


また、一つのファンドで複数の企業やプロジェクトに貸し付けを行うので、リスク分配もしっかりとなされているので安心して貯蓄を増やせる商品なのです。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ