都市綜研インベストファンドはクラウドバンク型のリートだ

都市綜研インベストファンドのリートはクラウドバンクをを採用する

238-A

出典:Mansion Images Free Material

ここ最近注目されているサービスとして、クラウドバンクというものがあります。


これは多くの方から融資を受けて、そのお金を利用して色々なことに挑戦するというものです。


こうしたサービスを利用することによって、多くの方から出資を期待できるという良さを持っています。


都市綜研インベストファンドはこのクラウドバンクという部分に目を付けて、多くの方がリートのような形で利用出来る不動産投資を作り上げました。


通常のリート同様に、不動産投資信託という形で受け付けるのですが、都市綜研インベストファンドは金額を低く抑えられるようにして、多くの方からお金を集めます。


これを不動産の資金に使い、その施設を運用することで利益を得ていきます。


こうして高い利回りで配当金を渡せるようにして、都市綜研インベストファンド側と利用者の双方が利益を得られる仕組みを作っているのです。

都市綜研インベストファンドとリートはクラウドバンクの利用で大きな違いがある

238-B.jpg

出典:物件写真.net

本来であれば都市綜研インベストファンドも通常の投資信託で考えたい所ですが、実はリートと違ってクラウドバンクを利用することに大きな意味があります。


クラウドバンクを利用しないければ、商業施設を作って企業の誘致をすることができず、高い利回りを提供することができません。


都市綜研インベストファンドが高い利回りで色々とやっているのは、クラウドバンクで商業施設を作れるようにして、その施設から得た利益をしっかり分配しているからです。


こうして多くの方が高い利益を手に入れる要因としては、都市綜研インベストファンドが住居としてではなく、多くの方が利用する商業施設をクラウドバンクで作っている所にあります。


これならリートよりも高い利益が出るので、クラウドバンクを使った方法はとても斬新で、いい方法だったと言えます。

クラウドバンクを都市綜研インベストファンドが利用したことでリートに変化も

238-C

出典:Free Real Estate Images

都市綜研インベストファンドのクラウドバンク型は、他のリートにも大きな影響を与えることになりました。


まずリートの利回りが低いことが判明したことで、リート側は都市綜研インベストファンドよりも信頼できる所を前面に出しつつ、利回りを高くすることになったのです。


これによってクラウドバンク型のように高い利回りが実現できるのかと言えばそうではなく、変動する利回りとなったために不安定な印象が残るようになりました。


従って都市綜研インベストファンドの価値が一層高まることになり、クラウドバンクを使った方がいいじゃないかと言われるほどになったのです。


リート側もどんどん信頼を高めて、多くの方が投資に参加できるようなサービスにしています。


しかし都市綜研インベストファンドの方法にはなかなか勝てず、特に高い利回りを安定して続けられる部分では大きな違いがあります。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ