都市綜研とマリオンボンド、リートのどれがいいのか調べてみた

都市綜研とマリオンボンドはリートよりも利回りが高い

244-A

出典:Mansion Images Free Material

都市綜研の提供しているみんなで大家さんと、マリオンが提供しているマリオンボンドは、共に利回りの高さが魅力となっています。


これはJリートとは大きな違いであり、しかも不動産の価値に関係なくこの数字を受け取れるようになっています。


都市綜研の方が比較的利回りは高く、建物によっては7%くらいの数字に設定されることがあります。


マリオンボンドも4%近くの数字で固定されて、割と高い利回りを手にすることができます。


一方のJリートはそこまで利回りが高いわけでもなく、更に不動産の価値によっては大きく減少する可能性を持っています。


こうした違いを持っているため、都市綜研やマリオンボンドの方が投資をして効果が得られやすいです。


安心感ではJリートかもしれませんが、高い利益を手に入れるなら他の方法を検討するべきです。

安心できるのは都市綜研よりもマリオンボンド、そしてJリート

244-B.jpg

出典:物件写真.net

安心して運用している点で考えると、やはりJリートの方が強みを持っています。


Jリートは大手の会社が運営していることもあり、投資をしてもお金がすべて消えてしまったということが無いので、投資をするなら安心できます。


ただ利回りの高いものを狙いたいなら、マリオンボンドや都市綜研のサービスを利用していくことになります。


マリオンボンドは結構前からこの分野に挑戦している会社なので、比較的安心して投資をすることができます。


一方都市綜研は最近参入してきた会社であり、問題を起こしているわけではないものの、色々とネットで悪いうわさが飛んでいるのも事実です。


安心して投資をしたいなら、都市綜研よりもマリオンボンド、そしてJリートを狙っていくことになります。


ただ安心感を取ると、その分利回りを得ることはできないので気を付けてください。

自分のスタイルに合わせてリートや都市綜研、マリオンボンドを使おう

244-C

出典:Free Real Estate Images

自分がどのようなスタイルで投資をするかによって、Jリートや都市綜研、マリオンボンドにするかは大きく変わってきます。


とにかく信頼できる企業との取引をしたいのであればJリートですが、これだと利益を得ることが出来ないので、もしかしたら元本くらいしか戻ってこない可能性があります。


都市綜研を利用すると、元本以上の利益を生み出す可能性は十分にあるものの、信頼感が足りていないために、投資をして元本が返ってこない可能性もあります。


その中間にあるのがマリオンボンドであり、都市綜研より信頼できる物の利回りが低く、Jリートより高いものの信頼できないと考えてください。


こうした違いを持っているため、自分がどのようなスタイルで投資をするのかをよく考えてください。


後は失敗した時の対処法をじっくり検討し、リスクを背負うかどうかを判断してください。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ