リート投資を考えているなら、マリオンボンドとみんなで大家さん販売の不動産投資が安全で効率的

リートをするなら、不動産への直接投資が安全で効率的

246-A.jpg

出典:物件写真.net

2013年に始まった新しい経済施策アベノミクス最大の特徴は、インフレ政策にあります。


長らくデフレ不況で苦しんだ日本経済を活性化させるために、人為的に物価を上昇させて、経済を好転させようとしているのです。


その結果、物価は上昇することになるのですが、銀行の金利は低いままです。


せっかくの資産を銀行預金に預け入れているだけでは、実質的に損をしてしまいます。そこで株式投資を検討してみても、株は乱高下が激しく、とても金融の素人が手を出せる代物ではありません。


そこでリートが注目されることになるのです。


リートとは不動産投資信託のことで、株式投資信託における株式を不動産に置き換えたものです。


リートは不動産を対象としているため安全と思われがちですが、リートも金融商品である以上、取引市場の値動きが激しく、実は金融の素人が手を出すには危険です。


もしリートに手を出すのであれば、その前に不動産への直接投資を検討する方が安全で効率的なことが多いのです。

ローリスク・ミドルリターンを実現する、みんなの大家さん販売。

出典:Free Real Estate Images

みんなで大家さん販売では、個別の不動産に関してそれぞれの投資案件が組む不動産投資です。


投資は、1口100万円と比較的少額から可能となっていて、手数料なども係りません。運用期間は3年以内という短期運用になっていて、機動的な資金流通が可能となっています。


みんなで大家さん販売の最大の特徴が、高利回りであるという点です。


各投資案件の年率は6%~7%で、隔月で利息に相当する分配金が得られるようになっています。


また投資家の元本を守るために、優先劣後システムというものを採用しています。


優先劣後システムは、完全な元本保証をするものではないものの、投資不動産の評価額が下落した時でもその下落が一定の範囲内であれば、投資家の元本を既存しないようにする仕組みです。


これまで、これまで、みんなで大家さん販売で募集された投資案件では、一度も分配率が予定分配率を下回ったこともなく、出資金が元本割れしたこともありません。


したがって、みんなで大家さん販売の投資案件は、ローリスク・ミドルリターンの成果を実現していると言えるのです。

不動産投資の初心者向けの、マリオンポンド。

出典:Mansion Images Free Material

マリオンボンドは4%近い年利を実現する不動産投資です。


出資は25万円という少額から行えるようになっています。


出資の成果である分配金は、25万円出資のものについては年に二回、100万円出資のものについては毎月得られるようになっています。


さらにマリオンボンドはいつでも解約できるのが特徴です。


これらの投資においては通常、途中解約はできず満期まで保有しておくことが前提で、急に資金が必要になった時など困ることが多くありました。しかしマリオンボンドではいつでも解約して投資資金を回収できるため、資金の融通がしやすくなっているのです。


またマリオンポンドでは投資家の元本を守るために、優先劣後方式という方法を採用しています。


これはみんなで大家さんの販売の、優先劣後システムとほぼ同様の仕組みで、万が一、投資対象不動産の評価額が下落した場合でも、その下落幅が30%以内であればその下落分を運営会社マリオンが被ることで、出資者たる投資家の元本を守るためのシステムです。


このようにマリオンボンドは、元本が守られる可能性が高く、高い利回りが得られ、しかも少額から投資が可能であるため、不動産投資の初心者向けの商品であると言えるでしょう。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ