みんなで大家さん販売、インベストプラスとリートの比較

不動産投資がお得

252-A.jpg

出典:物件写真.net

今現在不動産投資がお得だといわれています。

定期預金で利息などがほとんどつかない今、資産運用をして少しでも貯蓄を増やす必要がありますよね。そこで、今は様々な資産運用法に注目が集まっています。

中でも不動産投資は利回りもよく、少額から始められる商品が増えてきているので初心者にもおすすめです。

たとえば、みんなで大家さん販売というところから販売されている商品である、みんなで大家さん、そしてインベストプラスという商品が人気です。

なぜ人気なのかと言うと、少額から始められるということで、初心者でも始めやすいということから人気の様ですね。

さらに年間の利回りも良いので、安心して投資できる魅力的な商品として注目されています。

しかし、これと同時にリートなども人気があります。

不動産投資信託になりますが、こちらも人気ですね。

リートとの比較

出典:Free Real Estate Images

不動産投資信託であるリートと、みんなで大家さん販売のみんなで大家さん、インベストプラスなどの商品とはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、リートは小口化した証券などでの扱いとなりますので、日々の流動性などが非常に高い商品となっていると言えるでしょう。

しかし、これに対し、みんなで大家さんや、インベストプラスなどの商品は、安定した賃貸利益などが基準となっていますので、不動産相場の大幅な上昇だったり、下落などに影響されにくいというメリットがあるようです。

さらには、インベストプラスというのは、元本保証の安全システムと言うものがあり、元本が30パーセントを下回る場合にはこのインベストプラスの会社である東京建物が負担してくれるということで、安心して投資を行うことができる商品となっています。

利回りと安定性

252-C.jpg

出典:The Soho Loft

リート、そしてみんなで大家さん、インベストプラスと不動産投資にも色々なものがありますが、まず安定性と言うものは非常に重要だと思います。

利回りはインベストプラスはこれらの中でも2パーセントと少な目となっていて、そしてみんなで大家さんは6パーセントほど、そしてリートが4~6パーセントとなっているようです。

しかし、インベストプラスは元本が30パーセントを下回った場合は、東京建物が負担をしてくれるということで、とても安心できますね。

これらの不動産投資には元本保証と言うものがありませんし、今後も利回りがあるという保証はありません。

ですので、利回りと同じように、安定性と言うものなども考慮することが非常に大切です。

リートはリスクは分散されていますが、その分日々の流動性は激しくなってしますし、そう考えるとみんなで大家さん販売のみんなで大家さん、インベストプラスは安全性が高いと言えるでしょう。