みんなで大家さんかクラウドバンクのファンドか、それとも預金するかはあなた次第

資産形成は本当に預金するだけ良いのか

272-A

出典:Mansion Images Free Material

現在、日本の景気はようやくデフレスパイラルから徐々に脱しつつあるように思えますが、景気動向はこの先どうなるか、誰も明言することはできません。


そのため、特に将来に向けた資産形成は殆どの国民にとって、必須の取り組みになったと言っても過言ではありません。


では資産形成とは何か。収入の一部を銀行に積み立てる預金は、大事な資産であることに間違いありません。しかしながら、徐々にたまってゆく預金はあくまで収入が前提であり、万一収入が途切れると言った事態が生じたとき、預金の増加もその時点でストップしてしまいます。


また、仮に預金が200万あったとして、ずっと銀行に預けていることでどれだけの利子を得ることが出来るでしょうか。たまった預金は資金として運用すること、即ちお金を働かせることが資産形成で不可欠だと言えます。

資産形成手段として心強い不動産ファンド「みんなで大家さん」

272-B.jpg

出典:suesaunders.com

では、お金を預けるだけでなく資産を形成する為に運用するにはどのような方法があるかということですが、オススメしたい方法が「みんなで大家さん」という不動産ファンドと「クラウドバンク」というファンドサービスを通じたファンドへの投資です。


まず「みんなで大家さん」ですが、こちらは都市綜研インベストファンド 社が提供している不動産ファンド商品で、商品名のとおりみんなで出資し合って大家となり、不動産の賃貸収益等を中心とした利益を得てゆきましょうといった共同出資型のファンド商品です。


不動産投資はどうしても巨額な資金が必要ですが、みんなで大家さんのようなファンドであれば必要となる資金が少額で済みますし、何より難しい不動産事業の運営をプロが行ってくれるので大変安心感が高いからです。

預金を続けるぐらいなら「クラウドバンク」のファンドに参加しよう

272-C.jpg

出典:物件写真.net

次に「クラウドバンク」についてです。こちらは日本クラウド証券が提供しているファンド商品に応募出来るネットサービスの一種で、クラウドバンクでアクセスしてもらえば、実に魅力的なファンド商品の数々を確認することが出来ます。勿論、想定される利回りだけでなく、リスクに対する詳細な説明もなされており、よく吟味してからどのファンドにエントリーするか判断出来るようになっています。


以上、みんなで大家さん、クラウドバンクといった主にファンドを中心とした投資商品についてご提案しましたが、最後にもう一度ファンドの良さをおさらいするなら、投資資金が比較的少額で済むこと、また、運用にあたってはその道のプロが行ってくれるということです。こうした前提を聞いても、尚、銀行預金にずっとお金を預けたままにしておきますか。後は皆さんの決断にかかっています。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ