危険度の少ない都市綜研インベストファンド

不動産ファンドの簡単取説

288-A.jpg

出典:物件写真.net

第二の収入源として最近注目を集めているのが不動産投資です。このファンドの仕組みを簡単に解説すると、投資家から集めた資金(エクイティ投資)と、金融期間からの借入金額(デッド投資)を元手に複数の不動産を購入し、そこから生じる賃貸収入や売却益を配当金として受け取る事が出来る物です。ここ数年独立型の不動産ファンドが数多く出現して市場規模も急成長をとげました。しかし、サブプライムローン問題から始まった世界的金融危機の影響により、多くの不動産ファンド会社が打撃を受けてしまいました。その中でも成長を遂げているのがストファンドです。これは、株価まで値段を吊り上げて市場で売約を行うのですが、投資先の企業に株主の立場で注文をつけて株価を上昇させて売り抜ける独特の手法のことを言います。

不動産ファンドは危険か?

出典:Mansion Images Free Material

不動産投資というと、素人目には、かなり危険度の高い投資になるのでは、と慎重になってしまいます。では、そのリスクがどれほどのものか等について、以下にまとめます。


投資対象の不動産が地震などの災害等の原因で、滅失、劣化するリスクがあります。この場合、不動産の価値が下落して投資家が損失を被る可能性が出てきます。また、不動産投資信託の収益源である賃貸収入の変化は、不動産投資信託の価格に大きな影響を及ばします。例えば、賃貸収入が増加し、不動産の稼働率が上昇すると不動産投資信託の収益につながりますが、賃借量の減少や稼働率の低下は、収益の悪化に直結してしまいます。このようなリスクを踏まえた上で、市場調査を十分に行い、賢く不動産投資ファンドの活用を行っていくことをお勧めします。

都市綜研のからくり

288-C.jpg

出典:足成

都市綜研とは、インベクトバンクグループのサイトで、不動産事業を核として、シニアの方々への支援事業を通して高齢化が進むこれからの社会に貢献するのです。


不動産投資は、難しいイメージが有りますが、第二の大きな収入源なので、これを十分に調べて学習していけば、かなり面白い投資になります。短期間で大きく儲ける事ができますので、また、この儲けた金額を元手に、さらに大きくお金を増やすことが出来る投資ファンドと言うことが出来ます。現在では、色々な情報が集まってきますので、正しい情報収集さえ行なえば、確実に着実に設けを増やす事が出来るのが不動産投資ファンドの特徴です。今、注目を大変集めているのがこの不動産投資なので、確実に儲けるには少しの金額の投資から徐々に規模を大きくしていくことをお勧めします。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ