投資の初心者からだこそ不動産ファンドに取り組もう

投資は踏み出さなければいつまでも初心者のまま

293-A

出典:Mansion Images Free Material

誰だってそうですが、初めての経験や取り組みを行うときは「初心者」である訳で、最初から経験豊富な人なんている訳はありません。が、そうは言っても「投資」とは自分が大変な思いをして貯めた、まとまったお金を運用することですが、ただ貯めるだけの貯金と異なり、「リスク」即ち投資したお金の一部あるいは全部を失ってしまう可能性があります。


何でも経験を積まないとうまくならないのは事実であり、投資だってやはり経験を積むことでスキルが上昇すると言えますが、例えばそれがスポーツならそれほど何かを失うといったことはありませんが、投資となると失敗はそのまま自分の財産を失うことに繋がります。


従って、投資には興味があってもなかなかやってみようと一歩を踏み出す人が少ないわけです。


その気持ちはよくわかりますが、一歩を踏み出せなければいつまでたっても「初心者」のままで、進歩がありません。

初心者が取り組みやすい投資が不動産ファンド

293-B.jpg

出典:足成

しかしながら、投資について多少知識を身につけたところで、経験そのものはやらないと積めない訳ですから、当然最初は「下手」な状態、即ち大変失敗しやすい状態であることも確かです。


つまり、失敗する確率が自分で高いと言うことがわかっていて積極的に投資をしたいという気持ちになれないのは当然です。では経験もない、失敗しやすい初心者の投資家は一体どうすれば良いか。


実は、そんな経験が乏しい初心者の投資家などにとってオススメなのが「不動産ファンド」なのです。不動産ファンドとは、投資経験が乏しい投資家からプロがお金を集めて、不動産の投資を代わって行ってくれ、その儲けを配当金などとして分配してくれる仕組みのことです。


つまり、投資家はお金を託すだけで、投資において難しい判断や経験が求められることは全て経験豊富なプロが代わって行ってくれるという有り難い仕組みなのです。

不動産ファンドも「絶対」ではないが、初心者自ら行う投資より安全

293-C.jpg

出典:物件写真.net

プロが運用したとしても、プロ野球の選手が3割以上ヒットを打ったら一流選手と言われるように、100%必ず投資が成功するという訳ではありません。


しかしながら、投資の経験がないもしくは大変乏しい投資家に代わって、経験豊富なプロが不動産開発等に投資をしてくれる訳ですから、確率論で言えば初心者が投資を行うよりは成功する確率が高いと言えるのではないでしょうか。


また、不動産ファンド提供している会社等では、過去の実績等はファンドの商品毎に情報提供していますので、そうした情報を得ることで成功する確率や利回りがどの程度期待出来るのかと言った、投資の判断をしやすい材料を事前に入手することが出来るのも、不動産ファンドが特に初心者の投資家にとって取り組みやすいと言える理由の一つです。


いつまでも立ち止まっていないで、不動産ファンドを通じて初心者から脱皮するようにしましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ