預金の資産運用として都市綜研インベストファンドとクラウドバンクという選択

預金の資産運用には様々な選択肢が拡がりつつある

295-A.jpg

出典:足成

預金も貯まってきた、退職金も出た、そろそろ資産運用を考えようと言った場合に、従来の定番的と言える資産運用手段の一つとしてアパート経営があります。


アパート経営というのは、必要となる資金も多額となりますし、建設会社や不動産会社へある程度の管理をお願いしたとしても、全ての意志決定は自分で行わなければなりません。しかも建物が古くなったらやれ修理だリフォームだとお金もかかる上、賃借人の募集も難しくなってきますので、かなり高度な経営判断力を実は要求されるのです。


しかし、時代はかわり今では少額・短期間不動産の大家さんになれたり、自分は出資だけを行い、事業そのものはその道のプロに100%任せ、事業には一切手間暇かからない、そんな夢のような投資を選択出来る時代となったのです。


従って、資産運用はアパート経営という発想を捨てて、そうした新しい選択肢に目を向けてみようではありませんか。

新しい投資の選択肢としてオススメする都市綜研インベストファンドの不動産ファンド商品

295-B.jpg

出典:物件写真.net

その新しい選択肢の一つとして、ぜひ知って頂きたいのが都市綜研インベストファンドという会社が提供している不動産ファンド商品「みんなで大家さん」です。利回りは実績は6%から7%で、ファンドの名の通り、賃貸をベースとした不動産事業で家賃収入を主な収益として、投資者にその利益を分配するというファンドで、配当が嘗て滞ったことがないという大変安心度の高い実績を有しているのです。


しかも、当然ですが面倒な上で大変難易度の高い不動産物件の管理やら、賃借人の募集等々は全てプロが行い、投資家には煩わしい業務は一切発生しません。つまり、投資だけをしたら後は果報は寝て待て良い訳です。さらに、投資に必要な資金も一口100万円で良く、様子をみてみたいというなら、100万円だけ投じるという方法もとれるのです。そうすればアパートのような何千万といった資金リスクを負わなくて済みます。

ファンドの多様性を高めたクラウドバンクという選択肢もある

出典:Mansion Images Free Material

さらに、不動産ファンドだけでなく、幅広く可能性の高そうな事業に投資したいが、少額で参加出来、しかも安定的な利回り実績を出しており、事業経営はプロに任せたいといったニーズに応えた多様なファンド商品を投資家に提供している「クラウドバンク」という選択肢もあります。


つまり、いままで事業投資と言えば銀行だとか金融のプロ、或いは大変な資産家等の一部だけに許された投資だったと言えますが、それを少額から誰でも参加出来るようにしたのがクラウドバンクと言えます。


如何でしょうか。夢は広がりませんか。


不動産ファンドに特化して安定的な利回りを追究したいといった場合は都市綜研インベストファンド、様々なファンドから面白そうな事業案件に投資し、利回りを得たい場合はクラウドバンクと、アパート経営以外に選べる投資の選択肢は確実に拡がりを見せています。つまり、皆さんにとってはチャンス到来と、言えるでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ