高金利の預金とは?

高金利の銀行で定期預金を行うには

300-A.jpg

出典:物件写真.net

不況の今、なかなか貯金が出来ない、と言う方は多いと思います。


そこで今ある貯金をなるべく増やし資産運用をしてお金を増やしていく方法をおすすめします。


資産運用をすれば眠らせている貯金が勝手に増えていくということになりますので、ぜひ賢く資産運用をしたいものですね。


しかし、今は定期預金も低金利であることが多く、高金利の銀行で定期預金を行いたいですね。


そういった場合は、定期預金の金利ランキングなどをネットでチェックし、少しでも高金利の銀行で定期預金を行うことをおすすめしたいと思います。


高金利の銀行では1パーセントというところもありますし、こうした銀行に預けておくだけで、預金が少しお得になるということも多いです。


定期預金を行う前には必ず金利をチェックして、少しでも高金利のところを選ぶのがポイントです。

高金利の預金はなかなかない

出典:Mansion Images Free Material

今はどこの定期預金も金利は1パーセント以下と言うことが多く、どこも低金利であることがほとんどとなっています。


ですので、定期預金に預けていても金利はスズメの涙…と言うことも少なくありません。


一昔前までは、預金にも高金利のものがあり、定期預金に預けるというのが資産運用では一般的なものでした。


しかし、今はこうした高金利の定期預金が存在しませんので、資産運用をしたい場合、定期預金はあまりおすすめしません。


たとえば、国債、株、不動産投資など他の資産運用をすると利率も高いので、こちらの方を銀行でもお勧めすることが増えてきているようです。


定期預金にとりあえず預けておけば高金利がついてくる…という時代ではありませんので、自分自身で資産運用をする場合は、他の方法を考えなければいけません。

高金利の預金を探すよりもほかの投資方法を検討しよう

300-C.jpg

出典:Free Tattoo Ideas and Designs

今定期預金は金利が1パーセント以下であることがほとんどで、たくさんの預金があったとしても利息はほんの少し、という事態になっていますので、定期預金に預けっぱなしにしておくのはむしろ損であると言えるでしょう。


インターネットなどで、少しでも金利がお得で、高金利の預金を探すことはできますが、それでも微々たる学であるといえるでしょう。


そこで、自分で少しでも高金利であり、利回りの良い資産運用方法を考えるべきであるといえるでしょう。


たとえば、個人向け国債などは、定期預金よりも利回りがずっと良いため、銀行で定期預金を希望した場合国債を薦められる場合も多いようです。


定期預金よりも高金利でありますし、さらにはリスクなども低いので定期預金代わりにしているという方も多いようです。


さらには不動産投資などもいまは利回りの良いものがたくさんありますので、こうしたものもお勧めです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ