投資がはじめての方へ知っておいてほしいこと

生活を壊さない投資を心がけよう

3-A1.jpg

出典:ホビダス・マーケット

物価は上がるけれども賃金は上がらない、という状況を受けて、投資で積極的に資産を増やそうと考える方が増えてきています。素人であっても気軽に様々なものに投資ができるようになっていて、投資にまつわる情報なども世の中に氾濫しています。


その中ではじめての方へ気を付けてもらいたい点があります。自分でしっかり考えるという事です。簡単なようですが、つい美味しい話を聞いてしまうとそれにあわてて乗りたくなってしまうことがあります。しかし、はじめての方へのそういった誘いがすべてもうけにつながるとは限りません。場合によっては詐欺などに遭ってしまうこともあるでしょう。それを防ぐためには、自分なりにしっかり情報を得て、判断していくという事を意識する必要があるのです。あわてないという事が投資失敗を防ぐ第一のポイントとなります。

投資に使える金額を把握して

3-B1.jpg

出典:National Broadcasting

もうけを多くするには、資産を多く投資に回す必要が出てきます。しかし、生活に必要な分まで投資に回してしまい、もしもくろみ通りに進まなかった場合には大きな損失を出してしまうことになります。単なる損というだけではなく、その後の生活が立ち行かなくなる恐れも出てきてしまうのです。そういったことを防ぐためには、生活に必要な預金などを確保したうえで、余剰の財産を投資に回すという事が重要になります。その額がなくなったとしてもすぐに困ることはない分がどれだけあるかを把握しましょう。これは家族構成や生活レベルなどによって異なってきますから、自分の家計を確かめてみることが必要です。


はじめての方は特にもうけが出ると次々に投資をしてしまい、失敗してしまいがちです。十分に知識を得るまでは生活に響かない程度の投資にとどめましょう。

初めての方にお勧めの投資法

3-C1.jpg

出典:住友林業の家

投資先としては株式や不動産など様々なものがあります。それぞれの会社や物件について詳細なリサーチを行い、将来的に伸びがあるかどうかを判断していくことが投資には必要なのですが、はじめての方へは難しいことも多いでしょう。一つのものに集中して投資することはリスクも高いものです。投資がはじめての方がそういった個別の投資方法というものを取るのは難しいことも多いのです。


そこで利用したいのが投資信託です。不動産などにおいて個人で一つの物件に投資する場合、かなりの額が必要になりますから、投資額も高くなりリスクも高まります。比較的少額から始めることができて多くの物件に投資することができる投資信託からスタートする、という形をとることも賢明な判断といえるでしょう。こういった選択肢もあることを覚えておきましょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ