不動産投資初心者にぜひおすすめの本3選

不動産投資1年目の教科書という本の魅力と特徴

7-A1.jpg

出典:シモデンホーム

東京都内の中心地にたくさんの投資物件を持ち、住宅建築業者として売買や仲介も行いながら多く経済誌に不動産関係の記事を書いている、コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ株式会社代表取締役である玉川陽介氏の著書です。


不動産投資をこれから始めたいという人や不動産投資を始めたけれどうまくいかないと悩んでいる人にぜひおすすめの本で、実際初心者からに寄せられた質問をもとに、Q&Aの形式で多くの人が持つ不動産投資に対する疑問に分かりやすく答えてくれます。


物件を都心に持つべきかそれとも地方の方が有利なのか、区分所有をした方がよいのか一棟マンションの方が利益をあげやすいのか、RC構造と木造建築どちらを選ぶべきなのかなど自らの経験に基づいた具体的なノウハウが論理的にしかも明快に書かれているので、これから不動産投資をはじめたいという方にもおすすめです。

はじめての不動産投資成功の法則 という本の魅力と特徴

7-B1.jpg

出典:Melbourne Real Estate

三井不動産レジデンシャル株式会社、武蔵コーポレーション株式会社を経て、平成25年に大阪市で大和財託株式会社を設立し、実際に不動産の売買の仲買いや管理を行っている藤原正明氏による、不動産投資を成功させるためのノウハウが初心者向けに書かれた本です。


中古一棟買いを行って入居率98%という驚異の数字をあげている不動産投資の専門家が、長期的に収入を得ることができるアパート経営の方法を豊富な経験や実務を通して語っており、本拠地が大阪であることから関西圏の実例が多いことも大きな特徴となっています。


はじめての不動産投資で必ずおさえておきたい4つのポイントや、投資するエリアや利回りの最低条件、中古一棟買いの利点、成功事例に学ぶ不動産投資など不動産投資を実際に行う上で参考になる事柄が、まるで教科書のように理解しやすく述べられているので、これから不動産投資をぜひ成功させたいと考えている人はぜひ読んでみるべき本だといえるでしょう。

知識ゼロでも大丈夫!基礎から応用までを体系的に学べる!不動産投資の学校[入門編]という本の魅力と特徴

7-C1.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

2002年から5年間の間に、不動産投資をどのようにして始めればいいのか分かりやすくノウハウを説明してきたファイナンシャルアカデミーの、大変人気を集めた講座の内容を書籍化して出版した本です。


不動産投資の学校のセミナーを受講した人の中からは、不動産について全く知識が無かったサラリーマやOLだったのに不動産を獲得してそれまでの給料を超える収入を、不動産の家賃収入で手にすることができるようになった人が次々にあらわれています。


物件の検索の仕方や利回りの設定、不動産の買い付けや融資の申し込み方、購入やリフォームの手続きの仕方、不動産投資が持っているさまざまなリスクなどを基礎からしっかりと学ぶことができるので、不動産投資を始めるにあたってぜひ手に入れてじっくりと読んでおきたい本だといえます。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ