今から始める新生活の物件探し

物件探し家賃の変動のタイミング

13-A1.jpg

出典:ロイヤルホーム株式会社

始めての引越しには、基本的に社会人や大学生といった方が1月から3月に掛けての取り合いにもなります。


不動産も強気になって、家賃の交渉自体も思うようにいきません。


また不動産には繁忙期と閑散期とがありますから、就職と入学に掛けての準備は繁忙期の3月あたりまでに物件を探すようにしましょう。


部屋探しによる時期には、家賃の関係から1月から3月に設定家賃というものがありますが、4月から5月に掛けて意外な物件が発見できる時期でもあります。


またこの時期の家賃交渉は比較的難しくもありません。


また8月の季節は、家賃交渉がもっとも交渉しやすく、物件によっては他の時期に比べると一万円くらい変化することもあります。


少しでも安く済ませたい場合には、これらの季節を理解しておくのも、物件探しには大事な方法でもあります。

不動産に向かう前に物件をネットでチェックすること

13-B1.jpg

出典:Blog Imobiliária Sótão Imóveis

物件を探すには、本当に様々な方法がありますが、まず言えることは、いきなり不動産に赴かないことです。特に目当ての物件がない状態でいってしまうと、営業を掛けられに行ってることにもなりかねませんので、それよりもまず、ネットなどを利用した物件探しをするべきです。


部屋の広さ、駅の利便性、間取り、気になる部屋の状態などを情報収集してから、とりあえず住みたいと思う物件をいくつかチェックしておくとよいでしょう。


不動産屋で探す場合も、有名な賃貸ネットワークを持っているなら自宅でのネット検索でも、殆ど状況が変わらないので自分が望む物件を探しやすく、便利です。


ですから効率を考えた行動をするのなら、ネットで探す、自分の望む条件を纏める、不動産を選ぶ、良い物件が見つかれば始めて不動産に向かいましょう。

不動産で物件を探すときのポイント

13-C1.jpg

出典:The Vacant Road

不動産屋では、付き合い方というものがあります。


まず複数の不動産屋で情報収集することが必要です。


一社だけで決めることは避けるようにしましょう。


そしてなるべく不動産屋の車に乗って物件を見に行くのではなく、なるべく自分の足で物件を見に行くことが大事です。


物件を案内していただいたら、その場を離れるのではなく周辺チェックをしてから帰るようにしましょう。


それと、必ず複数の候補物件の中から、納得した物件があったとしても、すぐに決めず一日しっかりと考えてから結論を出すようにしてください。


物件選びのポイントとしては、駅から近くで、セキュリティ万全で南向きなど、あれこれと好条件が頭の中を過ぎるのは、いた仕方ありません。


なかなかイメージしていた物件と出会うこともまた少ないことでもあります。具体的に何が効率よく、何を切り捨てるかを考え、想定内の金額で収めるようにしましょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ