定期預金よりも不動産投資の方が良い理由と利率

定期預金と不動産投資の違いと利率

17-A1.jpg

出典:Blog Imobiliária Sótão Imóveis

不動産投資と定期預金には、決定的な違いが1つあります。利益率ですね。


基本的に不動産投資の方が、利益率は高めになっている傾向があります。定期預金に比べれば大きな利益が見込める訳ですが、その2つはパーセンテージの違いがあるのですね。


不動産投資の場合は、パーセンテージは数%と設定されている事が多いです。ある投資商品の場合は、現時点でのパーセンテージは3.5%を超えている状況です。


それに対して定期預金の場合は、もう少しその利率が低めになっています。それも定期預金によって様々なのですが、1%に満たない事が多いです。


ですのでリターンという意味では、やはり不動産投資の方がメリットは大きいと考えられるでしょう。最も不動産投資にはリスクもある点は、要注意なのですが。それでもリターンの大きさを考えれば、定期預金よりもメリットが大きいと感じている方も多いです。

不動産投資と定期預金の具体的な利益の比較

17-B1.jpg

出典:スウェーデンハウス株式会社

ただその率が大きいと分かっていても、具体的にどれ位の差がつくかは今一つピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。


例えば100万円を預けたケースを考えてみます。不動産投資の利率が、例えば3.7%になっているとします。そして定期預金の利率が、0.2%前後だとします。


それで1年間運用した結果どれ位の差がつくかと申しますと、29,000円前後になります。前者の不動産投資で100万円を運用した時は、年間で29,000円前後の利益が発生する筈です。それに対して定期預金の場合は、せいぜい200円などのレベルにとどまります。差し引き金額分では、29,000円前後になる訳ですね。


そして上記の事例はあくまでも100万円で、300万円となるともっと大きな差額が生じます。単純計算で、9万円前後の差がつくでしょう。もちろん更に大きな数字になれば、その差額は大きくなっていきます。

リスクはあっても定期預金より不動産投資の方が良い

17-C1.jpg

出典:The Vacant Road

このように不動産投資の場合は利率が高めになっている訳ですから、それだけ多くのリターンが期待できる訳ですね。ですので最近は多くの方は、定期預金よりも不動産を用いるタイプの投資を選んでいる事も多々あります。


ただ1つ気をつけた方が良いのは、投資の場合は元本割れが発生する可能性はあります。上記の事例はあくまでも上手く行っている時のものですが、必ずしも成功するとは限らない一面もあります。時には元金が減ってしまう可能性もあるのは、要注意でしょう。


とは言うものの、100万円で年間数百円の利益しか生じない定期預金に比べれば、大きなリターンが発生するのは魅力的ではありますね。ですのでローリスクよりもハイリターンを期待しているのであれば、やはり定期預金よりは不動産投資の方がベターと言えるでしょう。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ