貯金と不動産投資のどちらの方が良いか

貯金よりも不動産投資を利用する

20-A1.jpg

出典:STRATEGI CREAL ESTATE COACH

人々の多くは、自分の資産を一旦は「貯金」という形で蓄えています。


貯金の場合は、確かに安全性に関するメリットはあります。銀行によっては、基本的に預けた資金は保護されるとアピールしている事もあるのです。


それに対して、自分の資産を不動産投資で運用する方法もあります。不動産投資となると、若干のリスクが発生する傾向はあります。自分の資金が大きく動くことになるので、それに不安を感じている方も珍しくありません。状況によっては、元本割れが発生する事もあります。


しかしそれでも、人々は貯金よりも不動産投資を選んでいる事があるのです。それには主に2つの理由があって、現在の自分の資金を大きく動かしたいという需要があるからです。貯金などに比べれば、大きく動かす事ができるのが投資のメリットの1つです。

不動産投資のメリットと資金の変動性

20-B1.jpg

出典:Blog Imobiliária Sótão Imóveis

貯金の場合は、正直あまり大きく金額が動きません。定期預金などは比較的大きな利率が見込める傾向はあるのですが、それでもあまり大きなレベルではないのです。定期預金の商品によっても異なりますが、せいぜい数%になるケースが多いです。


そしてお金を動かしたいと考えている方は、それでは物足りないと考えている傾向があります。それよりは不動産投資の方が、ある程度大きな金額を動かせるメリットがある訳です。


実際にどれ位の金額が動くかは、投資商品により様々です。1年間で100%ほど増える事もあれば、50%の商品など様々になります。ちなみにそのようなパーセンテージは、いわゆる利回りという表現が用いられる事も多いのですが。


ご覧の通り投資商品の方が、貯金よりは大きく資産が動く訳です。ですので大きく動かしたい方にとっては、不動産投資の方がメリットは大きいでしょう。

不動産投資にはリスクも存在する

20-C1.jpg

出典:モデルハウスナビ

ただし1つ忘れてはならないのは、不動産投資にはリスクがあります。前述のように貯金商品の場合は、安全度は比較的高めになっているのですね。


預けたお金が保証されるとアピールしている貯金商品もある訳ですが、不動産投資の場合は預けたお金が保護される訳ではありません。元本割れなどが発生するリスクは、やはり注意が必要です。


その半面、不動産投資では大きな金額が動きます。貯金などに比べればかなり大きく動きますので、時にはハイリターンが発生する可能性もある訳ですね。ですので多少のリスクを考慮してでも、貯金よりは不動産投資の方が望ましいと考えている方もいらっしゃいます。


結局安全性を求めているならば、貯金の方がベターとは考えられます。しかし大きく資金を動かしたいと思うならば、やはり不動産投資の方が良いでしょう。その際リスクが大きなポイントになる訳です。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ