はじめての方へオススメしたい不動産による資産運用

円安貧乏にならない為に、資産運用のススメ

26-A1.jpg

出典:Greater Phoenix In Business Magazine

一般的なサラリーマンの場合、およそ30~40才頃から貯蓄に余裕が出てくると言われています。ですが、現在の日本経済は円安が進む一方ですから、単に現金を預金しているだけでは今一つ資産形成として効率が良いとは言えません。日に日に1円あたりの価値が下がっているわけですから、焦りを感じている方こそ正常であると言えるでしょう。


そんな時に役立つ一つの手段が、資産運用です。お金を持つだけでなく、どこかに投資する事によって収益を得るわけです。1円あたりの価値が下がっても、同程度お金を増やせば豊かさは変わらないという考え方です。


このように述べると難しく感じるかもしれませんが、例えば銀行の定期預金で利息収入を得る事だって資産運用です。他にも、FXや外貨預金に株式投資、金やプラチナなど身近なものから高度なものまで、様々なスタイルが存在しています。


中でも、今回オススメする不動産投資は、はじめての方にもオススメできる実用的な資産運用で知られています。

不動産投資は想像より安く、手間がかからない資産運用です

26-B1.jpg

出典:GetHow

不動産投資を簡単にイメージするならば、アパートなどを購入し、大家さんになる事と理解すると良いでしょう。入居者を募集し、家賃収入を得る事で収益を上げていく形になりますが、人気の資産運用として投資業界では昔から存在する資産運用で知られています。


アパート購入と考えると巨額の投資金額を想像されるかもしれませんが、一棟全部を購入するわけではなく、分譲マンションのように単身用のワンルームだけを購入したりと様々な商品が販売されていますから、想像するより費用がかからない点がポイントです。


また、家賃管理や入居者の紐付けも、管理会社に任せる事ができますから、大家である投資者はほとんど手を煩わす事もありません。上記の通り、一般的なイメージより格段に扱いやすい資産運用ですから、はじめての方へもオススメできる資産運用です。

他の資産運用と比べても優れています

26-C1.jpg

出典:AT HOME LABO

これまで不動産の資産運用の特徴とイメージを見て行きましたが、不動産への資産運用は、他の資産運用と比較しても優れた点を持っています。


まず挙げられる点は(投資金額と対象不動産の形態よっても変動しますが)収益性の高さです。家賃収入は毎月万単位で入ってくる為に、銀行の定期預金などと比べるとその収益性は非常に大きなものとなっています。現在の低金利状態では、銀行預金で利益をあげる事はほとんど期待できません。対して、物価が上昇しつつある現在において、家賃上昇も大きなチャンスを迎えています。


また、不動産投資は安定性においても強い信頼性を持っています。アパートというものは一度入居者が決まると毎月安定的に収益を得る事ができますし、敷金や退去費用が高額な日本国内において、そう気軽に転居する人もいません。入居者としては厄介な問題ではありますが、オーナーとしてはこの点が非常に魅力的なポイントでもあります。


そして、最後に紹介するポイントが価値に対する安定性です。このような不動産は投資用とは言え、不動産そのものである事に変わりませんから、売却時に一定の価値を約束されている特長を持っています。倒産してしまえば無価値に等しい証券取引より、はるかにその安全性は高いのです。


したがって、不動産による資産運用は、思い切って収益を得たいと言うはじめての方へも、自信を持ってオススメできる資産運用となります。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ