はじめての方へお勧めなのが利回りがよい不動産ファンド

投資と利回りの関係について

29-A1.jpg

出典:Own It Detroit

いざ投資を始めようと思っても、投資には様々な種類のものがあるため、どのような投資商品を選べばよいのかその選択に苦労してしまいます。


そこで投資がはじめての方へお勧めなのが、投資と利回りの関係について理解を深めることです。


投資においては、その収益である利回りと、投資に関するリスクが正比例の関係にあるという特徴があります。


利回りが大きい投資では、元本割れするリスクが高く、その一方で元本割れするリスクが低い投資では、利回りが低くなるという関係にあるのです。


銀行に金銭を預け入れる貯蓄を例に考えると、貯蓄は元本割れするリスクが皆無なのに対し、その利回りもゼロに近いということになります。逆に株式投資では、株価が上昇すれば得られる収益は高くなるためその利回りは大きいものの、購入の直後に株価が低下し元本割れしてしまうというリスクを抱えているのです。

はじめての方が目指すべき投資

29-B1.jpg

出典:GetHow

このように投資にはさまざまな種類があるため、その選択には注意が必要です。


はじめての方が注意すべきポイントは、高利回りの商品は元本割れのリスクが発生するため、利回りだけに惹かれて手を出すのは危険だということです。


投資はあくまでも資産を増やすために行われるもので、ギャンブルとは根本的に異なります。


利回りの高い投資は、ギャンブルにも似てきてしまうのです。


当たると収益は大きくなりますが、外れた場合には財産の多くを失いかねません。


そこではじめての方が目指すべきは、着実性と利回りの両方を兼ね備えた投資なのです。


着実性を重視して銀行預金に預け入れているだけでは、資産の増加は見込めず、素人が株式投資などしても、失敗してしまうのは明らかです。


なるべく利回りが多いものの、元本割れするリスクが限定された投資商品を狙うべきです。


そこで選択肢になってくるのが、不動産投資なのです。

はじめての方へは不動産ファンドがお勧め

29-C1.jpg

出典:モデルハウスナビ

不動産投資はマンションといった特定の不動産を投資家が購入し、それを賃貸人に貸すことで定期的な家賃収入を得る投資方法です。しかし不動産投資は、不動産の専門家でないと入居者とのトラブルにうまく対応できず、


素人が行うには難しいという欠点がありました。


その欠点を補うために開発されたのが、不動産ファンドです。


不動産ファンドは、定期預金をするような感覚で不動産投資に出資できる新たな投資のスタイルです。


代表的な不動産ファンドになると、利回りが年利で5%~10%ほどで銀行金利よりはるかに高い水準のものになっています。


しかも元本を守るために優先劣後システムと呼ばれる特別なシステムが組み込まれていて、元本毀損のリスクを低減できるようになっているのです。


不動産ファンドは投資案件毎に募集される事が多く、運営会社のホームーページから購入できるようになっています。定期預金に申し込むような感覚で購入でき、毎月あるいは各月で利息に相当する分配金を得られることが特徴となっています。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ