不動産物件を用いた副業の主たるメリット

アルバイトと違って特に禁止されている事は無い不動産物件の投資

33-A1.jpg

出典:住友林業の家

サラリーマンの方々は副業をする方法には、色々あります。アルバイトなどもその方法の1つですし、投資商品の用いている方法など色々です。


後者の投資方法の1つに、不動産物件があります。いわゆる物件の家賃収入によって、利益を目指すという副業になります。


そのような方法の場合はアルバイトと違って、公務員でも問題ない事が多いです。公務員の場合はアルバイトは原則として禁止されていて、場合によっては懲戒免職になってしまう事もあります。しかし不動産の物件に対する副業の場合は、特に制限されている事はありません。実際仕事から帰ってきてその副業を行っている公務員の方も、沢山いらっしゃいます。


ですのでサラリーマンや公務員の方々は、アルバイトよりも物件の投資での副業を活用している事も多いです。

物件を購入するのではなく投資信託で副業をする理由

33-B1.jpg

出典:Fast Money Forever

そして物件に対する副業によっては、手間が非常に少ないタイプがあります。


物件を保有する副業となると、住宅などを購入するケースもあります。いったん住宅を購入して、そこに入居する方々の家賃収入を目当てにするやり方もあるのです。しかしそのやり方の場合は、物件管理や家賃回収など様々な手間があります。


それに対してで不動産物件の投資信託などの副業の場合は、物件管理などは全て運営会社に対して任せることができます。つまり副業を行っているサラリーマンとしては、比較的少ない手間で投資をする事ができる訳です。ですので副業目的としている方は物件を購入するやり方よりも、むしろ投資信託を活用している事が多い訳です。


ましてサラリーマンの方々は、昼間の時間帯はとても忙しいです。その時間帯に物件の管理などをするのは難しいので、やはり信託商品を用いている傾向があります。

利率としても悪くない物件を用いた副業

33-C1.jpg

出典:photobucket

そして物件を用いる副業の場合は、利回りも比較的高めになります。少なくとも預金商品などに比べれば、大きなリターンが期待できる傾向があるのです。


預金商品の場合は1年間の利率が1%未満になっている事が、多々あります。しかし不動産の物件を用いる商品の場合は、5%などになっているケースも珍しくありません。預金商品の数十倍以上になります。利回りとしては悪くない数字ですので、副業として活用している方々も多い訳です。


まして物件による副業の場合は、安全度も比較的高めです。確かにリスクはゼロではないのですが、元本割れが発生する確率は他の投資方法などに比べると比較的低めです。


このような様々なメリットがありますので、しばしば本業があるサラリーマンや公務員の方々は不動産物件を用いて、副業を行っている訳ですね。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ