副業として活用されるリートの仕組みとリスク

サラリーマンの副業の為に活用される事があるリート

38-A1.jpg

出典:Money News Now

サラリーマンとして働いている方々は、しばしば副業を行っています。その理由も色々ですが、将来に対する不安などはその1つです。


例えばサラリーマンの方々は、将来の年金に対する不安を覚えている事も多々あります。あまりそれがアテにならないので、むしろ副業を行う方が良いと考えているサラリーマンも多い訳ですね。


そうかと思えば銀行の利率もあります。普通預金の利率などはかなり低めになっているので、それではあまり効率良く資金が増え無いと考えているサラリーマンも多いですね。それよりは副業の方が効率が良いとの考え方もある訳です。


そしてその副業の為に、リートという商品は活用されるケースもしばしばあります。リートというのは、不動産物件に対する投資のようなものですね。家賃収入で利益を目指す商品になります。

副業として活用されるリートと出資者に利益が還元されるまでの流れ

38-B1.jpg

出典:InfoMoney

具体的な仕組みなのですが、まずサラリーマンの方としてはリートで出資を募っている方に対して資金というものを預けます。そしてリートでの運用のプロの方は、その集めた資金を元に不動産物件の購買をするのですね。


では購買した不動産物件をどのように使うかと申しますと、それが前述の家賃収入なのです。つまり物件を購入した後は入居者を募って、そこから得られる家賃収入で利益獲得を目指す訳ですね。それで獲得された利益の一部が、今度はサラリーマンの方々に戻ってくるという仕組みになります。


そして出資をしているサラリーマンの方としては、物件の管理などを行う必要もありません。全ては運営会社に代行させる事になりますので、副業として活用している方々も非常に多い訳です。長期的な運用ができるのが、リートのメリットの1つですね。

副業としてのリートのリスク

38-C1.jpg

出典:モデルハウスナビ

そしてリートによる利率は、前述の預金商品などに比べれば高めです。預金商品の場合は年間で1%にも達しない利率になっている事が多いですが、リートの場合は率が比較的高めなのですね。ですのでリートは、効率の良い副業だと考えている方も多いです。


ただその副業には、リスクがあるのには要注意です。状況によっては、たまに元本割れが発生する事があります。順調に家賃収入が入ってくれば良いですが、必ずしも順調に行くとは限らないのですね。当初は100万円を預けていたとしても、何かの理由で90万円台になる事もたまにあります。すなわちリートは、リスクはある副業という事になります。


ただしそれでも、いわゆるFXなどの商品に比べればリスクは低めという意見も根強いです。そのリスクの低さとリターン率の高さにメリットを感じるのであれば、リートを副業として始めてみるのも一法と言えるでしょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ