副業としての不動産ファンドのメリットと主たる注意点

効率良くお金を増やす為の副業として不動産ファンドを行う

40-A1.jpg

出典:InfoMoney

サラリーマンとして勤めている方は、しばしば副業を検討しています。それには色々な理由があるのですが、大抵は現在の所得に関する不満です。


日常生活では色々と資金が必要なものですね。現在の所得でどうにかやり繰りができれば良いですが、それが難しいケースも多々ある訳です。


そしてサラリーマンの方は、たいてい銀行に口座を持っています。そして銀行にはもちろん利息がありますね。


しかし銀行から付与される利息は、あまり大きなものではありません。現在の銀行のほとんどは、利息は1%未満という状況です。それではあまり効率良く資金が増えないので、むしろ本業とは別に副業を行う方が良いと考えている方も多数いらっしゃるですね。


そしてその方法の1つは、不動産ファンドなのです。いわゆる家賃収入を目的とする不動産投資とはちょっと異なり、株式に投資をする方法に似ています。

集金などは代行をしてくれる不動産ファンド

40-B1.jpg

出典:モデルハウスナビ

家賃収入を目的とした不動産投資の場合は、色々と手間が発生します。例えば物件の賃料回収などは必要になってきます。住んでいる方から家賃を徴収する訳ですが、それを集金するのも手間がかかるものですね。


そしてサラリーマンの方は、なかなか時間を割くのも難しいです。昼間は会社で勤めている訳ですから、物件管理や集金などの為に時間を割くのが難しいと考えている方も多数いらっしゃるでしょう。


ところが不動産ファンドの場合は、その管理などの手続きは物件を運営している方々の代行してくれます。すなわちサラリーマンの方々としては、働きながら不動産物件の管理を任せて、それによる利益を楽しみにする訳ですね。ある意味投資代行という表現が適切かもしれません。忙しいサラリーマンにとっては、お金を運用しやすい一面がある訳です。

リスクがあるので勉強などは必要な不動産ファンドという副業

40-C1.jpg

出典:Money News Now

それを考えれば不動産ファンドという副業は、とてもメリットが大きいように思われるでしょう。ただし気をつけた方が良い点があるのも事実です。


不動産ファンドの場合は、リスクがあります。少なくともリスクが皆無の方法ではありません。


というのも不動産の物件というのは、価格が動いているのですね。時には予想とは違う動きになってしまって、元金が目減りする事はあります。ですので、いわゆる「リスクを伴う副業」という事になります。


このためそのリスクがある副業を行うのであれば、ある程度の勉強は必要になってきます。全く知識が無いのに利益が発生するのは、ちょっと難しい一面もあります。


ですので不動産ファンドを行っている方々は、しばしばセミナーや書籍などで勉強をしている事も多いですね。不動産ファンドで利益が発生するかどうかも、やはり勉強次第と言えるでしょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ