投資信託の購入前に、みんなで大家さんか、マリオンボンドの不動産投資の検討を。

投資信託は有力な選択肢の一つだが、リスクもある

47-A1.jpg

出典:InfoMoney

アベノミクスの開始により、日経平均株価は従来の二倍の水準まで上昇しました。


アベノミクスの恩恵を受けようと株式投資を始めようとしても、上場している会社の数は膨大で、どの会社の株を購入すればよいのか素人にはわかりません。


そこで多くの人が、投資信託を検討することになるかと思われます。


投資信託であれば、ファンドマネージャーが株式の売買を行ってくれることになります。投資家に株の知識が無くても株式投資に準じた投資が出来るというのが投資信託のメリットです。


しかし投資信託も株価が下落すれば元本割れするというリスクがあります。また投資信託の商品の一部には時価があるため、日々変動を続ける相場状況に投資家が翻弄されてしまうというリスクもあります。


そこで投資信託を考えている方にお勧めできるのが、特定の不動産に関する投資なのです。

特定の不動産に関する投資案件とは

47-B1.jpg

出典:Money News Now

不動産投資と言えば投資家が不動産を購入し、それを賃貸人に貸すことで得られる家賃収入を投資成果とするものです。この不動産投資では、投資家自らが大家をしなければならず、不動産の維持管理が大変だという欠点がありました。


その欠点を補う形で生まれたのが、特定の不動産毎に投資案件を組んで、その案件に投資家が出資するという手法です。


このような形での不動産投資について、代表的なものに「みんなで大家さん」と「マリオンボンド」が存在します。


みんなで大家さんの場合は一口100万円から、マリオンボンドは一口25万円からと、双方少額から出資が可能なようになっています。


投資に関する利回りは、マリオンボンドが4%から、みんなで大家さんは6%~7%という水準になっており、その投資利回りは投資信託に劣らず高いものとなっています。

優先劣後システムにより、元本の毀損を最大限抑制

47-C1.jpg

出典:児島産業株式会社

株式投資や投資信託には、株価の下落に応じて元本割れが発生するというリスクが存在しました。


通常の不動産投資においても、投資家が購入した不動産の価格が低下した場合には、含み損を抱えてしまうとリスクがありました。


みんなで大家さんとマリオンボンドの不動産投資に関しては、そのような元本割れを防ぐために優先劣後システムというものを導入しています。


優先劣後システムは、絶対に元本保証をするものではないものの、不動産価格が下落した時でもその下落幅が一定の範囲内であれば、運営会社がその損失を負担して投資家の元本が毀損しないようにする仕組みです。


現在、不動産価格はアベノミクスの影響で上昇基調にあるため不動産価格は下落しづらい傾向にあります。それに付け加えてこの優先劣後システムで、投資家の元本保証がより確実になっているため、一般的な投資信託などにくらべ、みんなで大家さん、もしくはマリオンボンドの不動産投資であれば、より安全に投資が行えるのです。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ