都市綜研のクラウドバンクという投資信託の主たる3つのメリット

少ない資金でも始める事ができる都市綜研のクラウドバンクという投資信託

51-A1.jpg

出典:lifehacker

都市綜研によるクラウドバンクという投資信託の商品には、主に3つのメリットがあります。


1つ目のメリットは、投資の為に必要な資金の低さです。投資商品というのは、ある程度まとまった資金が必要になる事もあります。数百万円程度の資金が求められる投資商品なども、珍しくありません。ですので資金が数百万円に満たない時には、投資が難しくなってしまう訳です。


ところが都市綜研のクラウドバンクという投資信託は、求められる資金はそれほど高くはないのです。基本的には数十万円から100万円などで、比較的小さめな資金で始めることができます。何せ資金不足では、せっかくの投資も始めることが難しくなるでしょう。しかし都市綜研のクラウドバンクの場合は始める為の資金が比較的低く設定されていますので、投資を始めやすい一面があります。

都市綜研のクラウドバンクとリスク

51-B1.jpg

出典:ちょっとまっち ブログ

2つ目のメリットですが、都市綜研のクラウドバンクは安全性が比較的高めな商品になります。


投資信託の中には、少々リスクが高めな商品も見られるのです。例えば投資信託を行う為に、会社に100万円を預けたとします。それで利益が発生すれば良いのですが、必ずしも利益になるとは限りません。時には不測の値動きが発生して、損失が発生する可能性もあるのです。それで100万円が90万円台や80万円台などにダウンしてしまう可能性がある訳です。


ところが都市綜研のクラウドバンクという商品の場合は、安全性は比較的高めになります。上記のような損失が発生する可能性もゼロではないのですが、そのリスクは他の投資信託よりは低めな傾向があります。ですので安全度が高い商品を求めているのであれば、都市綜研のクラウドバンクを選ぶのも一法という事になります。

一般的な投資信託よりリターン率が高めな都市綜研のクラウドバンク

51-C1.jpg

出典:InfoMoney

そして3つ目のメリットとしては、利回りの期待度が挙げられます。実は不動産に関連する投資信託は、都市綜研のクラウドバンクの他にも幾つかあります。ところがそのような信託商品の場合は、住宅物件に投資をしている事が多いのです。そのような商品の場合は、利回りが多少低めになる傾向があります。


ところが都市綜研のクラウドバンクの場合は、主に商業施設に対して投資を行う事になるのです。その分多くの利回りが期待できますので、一般的な不動産の投資信託に比べれば、高めなリターンが期待できる訳です。


投資を行うとなると、やはりリターンは大きなポイントになります。少ないリターンよりは、大きなリターンの方がメリットは大きいですね。そのリターン率の高さも、都市綜研のクラウドバンクのメリットの1つです。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ