みんなで大家さん販売による投資信託とクラウドバンクの主たる相違点

みんなで大家さん販売による投資信託の仕組み

54-A1.jpg

出典:lifehacker

みんなで大家さん販売による投資信託は、クラウドバンクとは異なります。両者はたまに混同される事があるのですが、利益が発生する仕組みは全く異なってくるのです。


まずみんなで大家さん販売による投資信託の場合は、基本的には出資金を募るシステムになります。多くの投資希望者の方々から資金を集めて、不動産物件による運用を行います。


そしてみんなで大家さん販売の投資信託は、商業施設に対して投資を行うのが特徴的です。一般的な不動産の投資信託の場合は、基本的には住宅で運用を行うのです。それに対してみんなで大家さん販売の商品の場合は、商業施設で運用を行う事になるので、比較的利回りが高くなるのが特徴的です。それだけ大きな利益が期待できるのが、クラウドバンクの特長です。


そしてそのシステムは、クラウドパンクとはまた異なっているのです。

資金援助を行うクラウドバンク

54-B1.jpg

出典:ちょっとまっち ブログ

クラウドバンクの場合は、むしろ貸し出しを行う商品になります。貸出というのは、不動産物件の購入を希望している企業に対するものです。


世間では不動産物件を購入したいと考えている企業も非常に多いのですが、当然その為には資金が必要になります。クラウドバンクという商品は、その為の資金を援助する事になります。実際に不動産物件の管理などを行う訳ではありません。


みんなで大家さん販売の投資信託の場合は、資金の援助を行うスタイルではありません。あくまでも商業施設などを購入して、それによる利益を目指す商品になるのです。ですので物件管理などは、運営会社が行う事になります。


そしてクラウドバンクの場合は援助をするスタイルになりますので、物件管理に伴うコストはありません。その分配当が高くなる可能性も大きめになります。

みんなで大家さんによる投資信託とクラウドバンクとそれぞれの利点

54-C1.jpg

出典:InfoMoney

このようにクラウドバンクとみんなで大家さん販売の投資信託には様々な違いがあるのですが、主な点としては物件購入者に対する資金援助をするかどうかなのです。どちらかと言うとみんなで大家さん販売の方が、仕組みがシンプルな一面があります。


このため投資信託の初心者の方々にとっては、みんなで大家さん販売の方が入り込みやすい一面があります。その商品を解説した書籍なども販売されていますし、公式サイトでもかなり詳しく解説されているからです。情報が豊富という意味では、みんなで大家さん販売の方がメリットが大きいという事になります。


一方クラウドバンクの場合は、短期的な償還システムがあります。比較的早い段階で利益が生じますので、短期的な運用を目的としている方にとってはみんなで大家さん販売よりもメリットが大きな一面はあります。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ