マリオンボンドとは?都市綜研とは?知っておきたい投資信託ニューワード

不動産投資信託は新陳代謝が激しい投資商品

58-A1.jpg

出典:池下建設

金融商品において例えば株は、その株を発行している企業が存続している限り決してなくならいものですし、FXなら為替通貨を発行している複数の国がなくならない限り、まず消えて無くなることはありません。


ところが投資信託、特に不動産投資信託は事情が異なります。必ず全てがそうだとは限りませんが、多くの場合、土地または建物を購入して賃貸益を得て最終的にはその建物等を売却して償還にあてることでフィニッシュすることになります。


つまり、ある商品が生まれては消え、消えては生まれを繰りかえているのが不動産投資信託商品だと言うことが出来ます。


従って株やFX以上にそれぞれの商品について毎回しっかりとした調査を行うことや、それを販売している企業についてもしっかり調査を行うことがとても大切なのです。

不動産投資信託のニューウエーブ「マリオンボンド」

58-B1.jpg

出典:eBlogfa.com

そのため、新しい投資信託の商品名も生まれますし、そうした新しい投資信託商品を開発、販売するフレッシュな企業も登場することになりますから、まずはそうした商品名や会社名を把握し、憶えてゆくことも投資信託を成功させる上で大切になってきます。


そのような意味で、株式会社マリオンという会社が販売している不動産投資信託商品「マリオンボンド」も投資信託におけるニューワードとして憶えておきたい商品名の一つだと言えます。それは、決してその投資信託商品を推奨するということではなく、投資信託で成功を収めるために幅広く情報を得て、知識武装をする上で知っておいて欲しいという意味です。


マリオンボンドとは一口25万円から参加出来、年2回配当されるとても魅力的な不動産投資信託商品の一つです。こうしたマリオンボンドという新たな商品を知っておけば、他の投資信託商品を分析する上でも大変役立ちます。

 都市綜研も不動産投資信託を考えるなら憶えておきたい社名の一つ

58-C1.jpg

出典:大京穴吹不動産

マリオンボンドに続きまして、次は都市綜研、正確には都市綜研インベストバンク株式会社ですが、こちらも不動産投資信託商品を研究されている方なら、ぜひ知っておきたい社名の一つだと言えます。


都市綜研インベストバンク株式会社は、不動産投資信託のヒット商品「みんなで大家さん」も販売している会社の一つですが、そうした投資信託商品に限らず、シニアに特化した支援事業やホテル事業等の事業を幅広く手掛けています。


このようにマリオンボンド、都市綜研インベストバンク株式会社等、不動産投資信託を考えるなら要チェックの言葉というものが不動産投資信託にはまだまだたくさんあります。


今でこそメジャーになった「みんなで大家さん」も、最初の頃は大家さんのポータルサイトか何かと考えた方もいたようですから、そうした用語の確認はチェックは、不動産投資信託で成功を収めたいなら必ず続けるようにして下さい。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ