都市綜研の不動産投資商品はマリオンボンドや投資信託より優れている

都市綜研、マリオンボンド、投資信託の共通点

59-A1.jpg

出典:eBlogfa.com

不動産投資によって資金を増やしたいと考える人にとって、悩みの種は最初に多額の資金が必要ということでしょう。


しかし、現代では何億というお金を用意せずとも、100万円ぐらいから始められる小口の不動産投資商品も増えています。


そんな小口の不動産投資商品として有名なのが、都市綜研(みんなで大家さん)、マリオンボンド、投資信託(リート)なのです。


どれも不動産への投資ですから、リスクが小さいわりに、リターンが大きいというのが魅力になります。


土地や建物に興味がある人、長期的な相場変動を読むのが得意な人に適しています。


ただ、都市綜研、マリオンボンド、投資信託、それぞれに個性がありますから、利回りや安定性、具体的にどんな物件を運用するのかなど、きちんと違いを把握し、比較した上で投資先を決定するのが大切です。

都市綜研が投資信託より優れている理由

59-B1.jpg

出典:池下建設

まず、投資信託と都市綜研の比較をしてみましょう。


そもそも、このふたつは、投資の形態がかなり異なります。


投資信託の場合は、ファンドにお金を託すことになり、そのお金をどの不動産に投資するかはファンドが決定します。


一方、都市綜研の場合は、みんなで大家さんシリーズの物件の中から、投資家が自分なりの判断で、投資する物件を決定することになります。


物件の立地、建築年月日、アクセスの良し悪しなどは物件ごとに様々に異なりますから、都市綜研では投資家の技量が問われます。


もちろん、投資信託のほうがファンドに任せられる分、気楽という面があるのは事実です。


しかし、都市綜研のほうが、投資すればするほど、知見が積み重なっていき、上手に投資できるようになっていきます。


長期的な視点で見れば、都市綜研を利用するほうが投資が成功しやすいです。

都市綜研がマリオンボンドより優れている理由

59-C1.jpg

出典:太陽光発電のメリットとデメリット

次は、都市綜研とマリオンボンドの比較をしてみましょう。


マリオンボンドの場合は投資信託とは違って、都市綜研とほぼ同様の投資形態となっています。


つまり、マリオンボンドでも、マリオン社が用意した物件一覧から、投資家が物件を自分で選択して投資することになります。


しかし、都市綜研とマリオンボンドでは利回りに決定的な違いがあります。


都市綜研ではおおよそ、利回りは5%から7%、平均して6%程度となっています。


一方で、マリオンボンドの場合は利回りはどの物件でも4%前後となっています。


実に1.5倍もの差があるわけですから、より高い利回りを追求したいという人は、マリオンボンドよりも都市綜研を選択したほうがいいでしょう。


利回りが良いと聞くと、安定性はどうなのかと気になる人もいるでしょうが、都市綜研の場合は、今まで想定利回りを下回ることのない運用ができており、当然、元本割れとも無縁です。


安定性という面でも、都市綜研には何ら問題点はありません。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ